FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

昨日、立命館大学スポーツ健康科学部の学生さん12人を対象に、朝10時から夕方4時まで、「実践スポーツメディア講座」という授業を行ってきました。

スポーツ健康科学部の1年生と2年生。まだこの学部ができて2年ですので、3年生以上はいません。テーマはメディアの企画・編集で、基礎から応用、実務まで詰め込みました。

感想としては、みんなスポーツのことを真面目に考えているということと、意外にもマイナースポーツへの関心が高いということです。

メディアに対する見方も厳しく、いろいろとこちらが勉強になりました。最後に、みなさんの「企画」を語っていただいたのですが、「それはものになるかも」というものがいくつもありました。

実現させることができるかどうかですが、今は「手段」に満ちています。アイデアと工夫、熱意があれば、実現できると思います。大学を卒業してからではなく、学生時代に取り組んでいけば、実現は早いものです。

いろいろな刺激を受け、実に楽しい時間でした。立命館の学生さん、ありがとう。長積先生、伊坂先生、ありがとうございました。(清家輝文)
スポンサーサイト