FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今日は暑いですね。今年の夏一番の暑さだとか。みなさま、お気をつけ下さい。

明日は少し涼しくなるとのことですが、その明日、秋田に行き、赤十字病院と城東整形外科で3人の先生に取材します。超音波画像診断がテーマです。

超音波画像診断装置は、Made in Japanの優秀なものができ、以前とは比べ物にならないほどの精度に達し、超音波画像診断の世界を一変させました。

画像が鮮明、精度が高くなっただけでなく、患部を動かしながらみることができ、血流の存在も確認できるため、診断のみならず、治療も含め、幅広く使用されるようになってきています。被曝もなく、侵襲性もなく、いわば大きな革命のようなものかもしれません。

本誌の連載をまとめた本も出ましたが、そこからさらに進んだエコーの世界を次号でたっぷりご紹介する予定です。

ご期待ください!(清家輝文)
スポンサーサイト