FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

NPO芸術家のくすり箱主催の「Dance Wellness Day in京都 2011」は9月4日13:30から開催されます。

ダンサーの身体の使い方とダンス障害に医科学的に迫る集中セミナーです。

まだ若干ですが席が空いているそうです。ぜひ、ご参加ください。

詳細はこのサイトまで。
スポンサーサイト



日本体育・スポーツ経営学会第40回研究集会
「公共スポーツ施設経営の公益性を担保する指定管理者制度を探る-
    指定管理者制度2巡目の課題と公益性保障-」

◆講演「2巡目に入った指定管理者制度の課題と公益性の考え方」
       岡崎 明晃 氏(ベックス株式会社 代表取締役)

◆パネル・ディスカッション「公益性を担保する指定管理者制度の課題と運用」
  コーディネーター:柳沢 和雄 氏(筑波大学/本学会副会長)
  (1)指定管理者からみた公益性保障の課題と制度への期待
       白木 俊郎 氏(株式会社シンコースポーツ 常務取締役)
  (2)自治体担当者からみた公益性保障の課題と取り組み
       久米 浩一 氏(足立区 地域のちから推進部 スポーツ振興課長)
  (3)指定管理者制度の公益性保障をめぐる自治体のガバナンス
       中村 祐司 氏(宇都宮大学 国際学部)

日時:平成23年9月10日(土)13:00~17:00
会場:帝京大学板橋キャンパス10号館 1021教室
  〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1
参加費:正会員2,000円、学生会員1,000円、一般社会人3,000円、学生2,000円
定員:100名

【申込方法・申込先】
下記学会事務局まで、(1)氏名、(2)連絡先(メールアドレス等)、(3)ご所属 を、e-mail
もしくはファクスにてご連絡ください。

日本体育・スポーツ経営学会事務局
e-mail  : jsmpes@sakura.cc.tsukuba.ac.jp
tel/fax : 029-853-6363