FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今、先日の陸連、水連のトレーナーの合同研修会の取材レポートをまとめたのですが、これを書きながら思ったのは、以前、各競技のコーチやトレーナーに集まっていただき、何度も話し合ったことがあります。

競技が異なる人たちですが、やはり同じスポーツ、すぐに意気投合し、いろいろな話が出ました。その中でやると面白いなと思ったのが、それぞれのコーチが先生役になり、その競技のトレーニングや練習を体験してもらうというもの。

陸上の人が野球をやったり、野球の人がバスケットをやったり。しかも、その指導者は一流。きっと互いに学びあうことがたくさんあるのではないかと思ったのです。

ただ、残念ながら、現場をもつ人たち、このプランはなかなか実現できていません。でも、やればきっと面白く、何か新しいものが生まれてくる気がします。

ぜひ実現させたいと、レポートを書いていて思いました。(清家輝文)
スポンサーサイト