FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今、柚木先生の取材テープを起こしています。柚木先生、かなり以前からエコーを使っておられます。それゆえ、エコーの使い方も、診断はもとより、治療方針を決める、いくつかあるときは、患者に画像を見せて説明し、選択してもらう、そこからその治療法がどのようにうまくいっているかをみる、確認するときにもエコーを使っておられます。

被曝しないし、すぐにみられるので、そういうことができるわけですが、手元にないと、なかなかそうはいかない。これからは、「聴診器のように」、個人がひとつもてば、それも可能になります。コンパクト化が進むと、それも夢ではないですね。

また、スポーツ現場でもつかえるので、さらに威力を発揮するでしょう。

今、まとめていますから、ご期待くださいね。(清家輝文)
スポンサーサイト