FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今、134号の特集を編集中です。

134号の特集タイトルは「超音波 診断から診療へ」と題し、城東整形外科の皆川先生と渡部先生、東京厚生年金病院の柏口先生、東京有明医療大学の柚木先生、秋田赤十字病院の石田先生に取材した内容をまとめます。

診断装置のみならず、治療に活かす、つまり診療に活用するという時代にはいってきました。今後さらに発展すると思われます。聴診器なみにという表現もまもなく現実のものとなるのではないでしょうか。

超音波の初期はどうだったのか、近未来はどうなるか、そのへんは35年前から超音波に取り組んでこられた石田先生に語っていただきます。含蓄に富んだ感銘を受ける話、満載です。

あと少しです。頑張ります。

現在の社で出す最後の号になります。以降は個人で編集を受託して行いますが、この公式ブログもツイッターも現在のままです。また、新たな展開も考えています。ぼちぼちですが、みなさまに喜んでいただける場を提供できればと考えています。

ということで、134号、頑張ってよいものにしましょう。日々の状況はツイッターでつぶやいていますので、そちらもご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト