FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

134号、本日入稿しました。特集は以下のとおりです。連休が続き、27日発売となります。

134号 特集「超音波 診断から診療へ―整形外科領域で進むエコー革命」

1 超音波診断から超音波診療へ―みえることから新しい学問が生まれる
  皆川洋至・城東整形外科
 ■整形外科医と理学療法士にとっての超音波
  渡部裕之・城東病院スポーツリハビリテーションセンター
  皆川裕之・同上

2 超音波をどう使うか―治療法の選択と治癒の確認
  柚木 脩・東京有明医療大学

3 超音波を用いた検診の有用性―とくに離断性骨軟骨炎の発見について
  柏口新二・東京厚生年金病院整形外科

4 超音波の発展と近未来像―超音波ひとすじの35年間から
  石田秀明・秋田赤十字病院超音波センター

これに「超音波画像診断装置」一覧を加えました。計33ページの特集です。

ぜひ、ご購読ください。(清家輝文)
スポンサーサイト