FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■東京都アスレティックトレーナー連絡協議会設立総会及び記念講演開催

スポーツドクター及びコーチ、科学者らとの緊密な協力のもとに、
スポーツ選手の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等を通じ、東京都におけるスポーツ事業への支援およびスポーツ振興に寄与することを目的とし、本年4月に東京都アスレティックトレーナー連絡協議会を設立いたしました。

つきましては、本会設立総会及び記念講演を下記の要領にて開催することになりました。

・記

主催:東京都アスレティックトレーナー連絡協議会

運営:東京都アスレティックトレーナー連絡協議会委員

日時:2011年10月8日(土)
11時~12時        総会
13時~15時30分      記念講演
15時40分~16時30分    懇親会

●内容:記念講演
1.挨拶 石山 修盟(東京都アスレティックトレーナー連絡協議会会長)
2.基調講演「東京都におけるドクター、アスレティックトレーナーがスポーツ医・科学環境へ果たす役割」
藤巻 有久(IHI東京病院、東京都スポーツドクター連絡協議会、本会顧問)
3.教育講演「アスレティックトレーナーに求められるもの~25年のトレーナー活動を通して~」
村木 良博(ケアステーション、東京都アスレティックトレーナー連絡協議会相談役)

●会場:帝京平成大学 池袋キャンパス
アクセス JR『池袋駅』東口 徒歩12分
東京メトロ有楽町線『東池袋駅』 徒歩10分
都営荒川線『向原駅』 徒歩10分
周辺地図

●費用:¥5000-(本会が開催する養成基礎講習会への受講料免除)

●対象:
1)東京都在住、在勤の日本体育協会公認アスレティックトレーナー
2)本会の主旨・目的に賛同し、東京都下でスポーツ活動をアスレティックトレーナーとして支援しているもの(医療資格者、学生ら)

●参加申込:
事前申込の方は、メールにて(tokyo.athletic.trainer@gmail.com)まで件名を設立総会参加申込とし、参加者氏名、性別、所属、連絡先電話番号、メールアドレスを記載し、お申込いただき当日受付にて参加費用をお支払いください。

また、当日参加申込の方は会場受付にて手続きを済ませ御参加下さい。

スポンサーサイト