FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会編集発行の“Journal of Athletic Rehabilitation No.8”は来月発行になります。11月開催される研修会の抄録も併載されます。

この号の主な内容は、以下のとおりです。

原著論文「中学校におけるスポーツ傷害の予防をどう考えるか」
浦辺幸夫ほか
症例報告「腰椎の可動性と肩甲帯の機能向上によりゴルフスィングが改善した一症例」
四之宮由紀ほか
原著論文「肩関節障害時に肩関節可動域測定として用いる指椎間距離測定活用の検討」
笠原政志ほか
同「スポーツ選手における外反母趾角の左右差が片脚立位時の足圧中心に及ぼす影響」
大隈 亮ほか
同「30秒間の閉眼片脚立位保持不可能者の足圧中心動揺周波数の解析」
佐々木理恵子ほか
同「腸脛靱帯が大腿骨外側上顆を乗り越える際の股関節と膝関節角度の変化」
冨山信次ほか
同「ハンドボールの把持力に影響する因子」
橋本洋平ほか

●第29回研修会抄録

発行され次第、このコーナーでもお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト