FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


シンポジウム「スポーツと知識創造」

このたび、(株)富士通総研 経済研究所 実践知研究センターは、一般社団法人 日本アスリート会議と共同で、センシングデータを活用したスポーツの更なる振興とスポーツ分野での新しいビジネスモデルの創造を目指したシンポジウムを開催いたします。

シンポジウムでは、日本アスリート会議の議員でもある元日本代表監督の柳本晶一氏や宇津木妙子氏を始め、バレーボルとソフトボールの著名なアスリートにご参加いただくだけでなく、当社経済研究所 理事長の野中郁次郎も参加し、センシングデータを活用したスポーツ分野での知識創造・価値創造のあり方に関するパネルディスカッションを行います。

スポーツ分野では、すでに専門的な機器を使って様々なセンシングデータが取得され、プロアスリートの能力向上や用具の開発に活用されています。日本アスリート会議と富士通総研 経済研究所 実践知研究センターでは、このようなデータのセンシングをより身近なものに普及させ、取得したデータを、例えば学校や地域におけるスポーツ指導者と共有することで、わが国のスポーツ全体のレベルアップや、プロ選手の育成、選手の育成環境の改善につなげることが可能であると考えています。また、センシングデータ自体が生み出す価値をオープンな場で議論することで、スポーツに関連した新しいサービスを創造していくこともできると考えています。

スポーツの指導に従事されている方や、スポーツに関する事業創造などにご関心のある方は、ぜひこのシンポジウムにご出席いただき、私共が推進するスポーツにおける価値創造の活動にご参画いただければ幸いです。


日時:2011年11月28日(月曜日) 13時30分から16時30分 (受付開始12時30分)
会場:如水会館 2階 スタールーム
住所:東京都千代田区一ッ橋2-1-1
電話:03(3261)1101(代)
主催:一般社団法人日本アスリート会議、株式会社富士通総研
参加無料:

●主なプログラム
○センシングWG発足の背景や課題
富士通総研 経済研究所 実践知研究センター 内島 誠

○パネルディスカッション「スポーツとセンシングデータ」
間野 義之(日本アスリート会議代表理事)
渡辺 嘉二郎(法政大学理工学部創生科学科 教授)
宇津木 妙子(元全日本女子ソフトボール監督)
柳本 晶一(元全日本女子バレーボール監督)
伊奈 弘人(FC東京 バレーボールチーム 普及コーチ)
内島 誠(富士通総研 経済研究所 実践知研究センター)

○パネルディスカッション総括
「実践知とスポーツ」
富士通総研 経済研究所 理事長 実践知研究センター長
野中 郁次郎(一橋大学 名誉教授)

◎問い合わせ「スポーツと知識創造」シンポジウム事務局 電話:03-5401-8392 (富士通総研 経済研究所)

◎参加申し込み
上記、赤い文字のサイトから申し込めます。
スポンサーサイト



135号の筋力に関する特集いかがでしたか?

すでに136号の特集の取材が始まっています。今回は、「骨盤」をテーマに、整形外科医、理学療法士、フィットネスの指導者、野球の指導者などに取材します。

骨盤をどう捉えるか、腰椎や股関節との関係、その他、面白い話を満載の予定です。ご期待ください。(清家輝文)
■プチ 元気 kai! In東京・福岡

●日 時
東京:2012 年 3月 4日(日)10 時~ 16 時 20 分
福岡:2012 年 3月 18日(日)10 時 30 分~ 16 時 50 分

●会 場
東京:ティアラこうとう
福岡 :アクシオン福岡

●主 催
NPO法人1億人元気運動協会

詳細は追って再度掲載します。