FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


少しおくれましたが、恒例の「もも家」のフードレシピは明日アップします。

今月は、神戸マラソンの話題が取り上げられています。神戸マラソン、今月20日に開催されます。

神戸はたしか日本で最初のマラソン大会が開催されたところ。盛り上がるのではないかと期待しています。盛り上がったら、三宮の「もも家」さんで、いっぱいやってくださいね。(清家輝文)
スポンサーサイト



ソフトバンクがパ・リーグを制しましたね。

さて、編集部では今、136号の特集の取材の真っ最中です。

テーマは「骨盤」ですが、特に骨盤と疾患との関係、運動との関係をさまざまな立場から語っていただくことにしました。

野球選手を長く見てこられた水野雅章さんに取材したのですが、最近の子どもは骨盤後傾が多く、まず骨盤のチェックから始めるそうです。骨盤が後傾しているため、背中も丸くなり、守備も、投球も弊害が生じます。

骨盤へのアプローチをしっかり行うと、子どものお尻がみるみるうちに大きくなるという話が印象的でした。

今日は、これから取材です。来週は大阪と東京で取材します。お楽しみに!(清家輝文)