FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■第4回スチューデントセミナー

スチューデントセミナーは、「学術(Academic)」「学部生・院生(Student)」「ビジネス(Business)」の三者が連携・協力するという本学会のコンセプトを具現化する企画として位置づけられる。本セミナーは、「学部生・院生」を対象として、「学術」と「ビジネス」の両者の連携によって学びの機会を提供するものである。さらには、スポーツマネジメントに関心のある「学部生・院生」同士が、プログラムを通して交流を深めることが期待される。

会期 2011年12月9日(金)~10日(土)
場所 早稲田大学東伏見キャンパス 〒202-0021 西東京市東伏見3-4-1
 (西武新宿線「東伏見」駅下車南口より徒歩1分)
対象 スポーツマネジメント研究に関心がある学部生・院生

※参加者には事前課題を課すことがあります
参加費 5,000円(チューデントセミナー懇親会費、学会大会参加費を含む)
※学会大会の懇親会の参加には、別途3,000円が必要です。

詳細および参加申し込みはこのサイトまで(参加申し込み締め切り12月1日)

●プログラム
2011年12月9日(金)

15:30~ 受付開始
16:00~16:30 講演 I 「ゼビオにおけるスポーツコングロマリット戦略」
       荒木 裕一郎 氏
      (ゼビオ株式会社常務執行役員グループ人事・コーポレートコミュニケーション担当)
16:30~17:00 講演 II 「2020年オリンピック招致」
       倉田 知己 氏
      (株式会社ジェイティービースポーツ事業推進室エグゼクティブプロデューサー)
17:15~18:00 グループディスカッション
18:00~19:00 プレゼンテーション
19:00~    懇親会

2011年12月10日(土)
9:00~11:00 SSFセミナー「わが国のスポーツ振興政策について考える」
午後から
日本スポーツマネジメント学会第4回大会に参加
スポンサーサイト