FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

きのう、河口湖にある健康科学大学で成田崇矢先生に取材してきました。

成田先生は、理学療法士であり、日体協公認AT。水泳連盟の科学委員であり、飛込委員会の委員でもあります。

成田先生には、その飛込競技で骨盤に焦点をあてて解説していただきました。腰痛が多い競技とのことで、その腰痛を有する選手は、立位姿勢が悪く、骨盤が後方へ偏移しているケースが多かった。それを矯正することで腰痛も減少したとのことです。

そのほかにも肩甲帯がかたいと、結局腰椎を過伸展することになり、やはり腰痛の原因となるという話や、側弯症の発症がかなり高いという注目すべき点もあります。

非常に面白い取材でした。これから金曜の入稿に向けて頑張ります。

今回も30ページくらいの特集を予定しています。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト