スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.192(2017年7月号)←詳細&購入はここ!
SQ192.png 特集『特集 陸上短距離
──パフォーマンス向上とケガへの対応
 
1.「ランニング(短距離)による肉離れの疫学・治療・予防」
金子晴香・順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科
        
2.「陸上競技選手のケガへの対応とコンディショニング」
伊藤由記子・治療院ミムラ
 
3.「陸上短距離選手のパフォーマンスとケガ」
――指導者としての見方、指導のポイント
苅部俊二・法政大学スポーツ健康学部教授、同大学陸上競技部監督、元400mH 日本記録保持者、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ

カコミ「肉ばなれの経験」
──ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)と伊藤由記子先生(治療院ミムラ)にきく

4.「ランニングのパフォーマンス向上と外傷・障害のメカニズムと対応①」
──歩行走行の基礎知識
川野哲英・医療法人昇英会はちすばクリニック

137号のP.12、稲見先生の肩書きで、「体育学博」となっていました。もちろん、「体育学博士」の誤りです。訂正して、お詫びします。稲見先生、すみませんでした!

さて、独立して編集工房ソシエタスを立ち上げ、最初の年末となりました。なんとか年越しできるかという段階ですが、まだ年賀状も書いていません。

明日、支払いなどをすませて、多少の用を片付けます。今日は、新年20日にだす「特集パック No.28~137」の動作確認をしています。

このブログは本年は本日をもって最終日とさせていただきます。新年は4日から始める予定です。来年はまた新しい企画を打ち出したいと考えています。

今年も1年、たいへんお世話になりました。明年もよろしくお願いします。

月刊スポーツメディスン
編集工房ソシエタス
清家輝文、田口久美子
スポンサーサイト
■日本スポーツマネジメント学会 第14回セミナー

日時:2012年1月14日13:30開始(12:30受付開始)
会場:埼玉トヨペット株式会社与野支店3階大会議室
〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-2-1
 ○JR埼京線「北与野」駅下車徒歩2分
 ○JR京浜東北線、JR宇都宮線、JR高崎線「さいたま新都心」駅下車徒歩10分

テーマ:「スポーツと地域活性化の新しい潮流:スポーツコミッションの機能」

プログラム(予定)

開会の挨拶
  小笠原 悦子 氏(順天堂大学教授・JASM理事)
歓迎の言葉「さいたまスポーツコミッションと地域経済の活性化」
  清水 勇人 氏(さいたま市長・さいたまスポーツコミッション会長)
基調講演「スポーツと都市マーケティング: ヨーロッパの現状と課題」
  ハンス ゾーシュットマー 氏(ロッテルダムトップスポーツ・ディレクター)
シンポジウム「bjリーグがもたらした地域の活性化」
  モデレーター: 原田 宗彦 氏(早稲田大学教授・JASM会長)
  シンポジスト: 池田 弘 氏(株式会社日本プロバスケットボール取締役会長・NSGグループ代表)
          中村 彰久 氏(株式会社仙台スポーツリンク代表取締役社長)
          木村 達郎 氏(沖縄バスケットボール株式会社代表取締役社長)
閉会の挨拶
  松岡 宏高 氏(早稲田大学准教授・ JASM運営委員)

※プログラムの詳細な時間は、決定次第メール、ウェブサイトにてご案内致します。

■参加区分および参加費:
法人会員  5名様まで無料(ご担当者様が取りまとめの上、お申し込み下さい)
一般会員  3,000円
学生会員  2,000円
一  般  5,000円
学  生  3,000円(学生証の提示が必要です)
※お振込みいただいた参加費は返金いたしかねますのでご了承下さい。

■申込方法:
○ウェブ上でのお申込
弊会ウェブサイト上の第14回セミナー専用ページよりお申込ください。

○ファックスでのお申込
「ご氏名」「ご所属」「ご連絡先(メールアドレス)」「参加区分」
「参加者名簿への掲載の諾否」を明記の上、
下記番号までお申込ください。
FAX 042-461-1071
137号特集「ストレッチング熟考-目的・方法・効果・リスクの検討」は本日発売です。

定期購読の方および予約注文の方には本日発送しました。

詳細はブックハウスHD社のホームページをご覧ください。

このホームページでは、特集の約半分のページが閲覧できます。計35ページの大特集です。ぜひ、ご購読ください。(清家輝文)
今日はクリスマスイヴ。それにちなんで、今月のショートストーリーのテーマは「クリスマスケーキ」、フードレシピは「豚肉ステーキ」です。今年もあとわずか。大変な一年になりましたが、分けあう気持ち、感謝の大切さをあらためて知った一年でもあります。明年はよき年でありますように。

クリスマスケーキ
(文・料理/大仁浩子・「もも家」店主、イラスト/横江節子・神戸市垂水区在住)

図1 もうずいぶん昔。藤棚の下にブランコが2つしかない幼稚園がありました。私はアヒル組、年少の子はヒヨコ組。それぞれの部屋には、外国の女の人が裸ん坊の赤ちゃんを抱っこしている絵が掛けてありました。

 「マリア様とイエス様ですよ」と先生がおっしゃいました。園は午前中で終わり。机のお道具を片付けると、小使いさんの“おばさん”が、白い湯気の立っている脱脂粉乳の鍋を運んで来て、アルマイトのコップに注ぎ分けてくれました。

 それから唱和。先生は両手を組まれて「天のおとうさま、おかあさま。おいしいミルクをありがとうございます」。“おいしいミルク”と唱和しても、そのミルクはムッとした香りがして、なじまない味。すっかり冷めてから飲み干した。お鍋のまわりにはもう、お代わりをもらう男の子の列ができていましたが。

 帰りは広間に集まって「田村園長センセイ」の前に進み、手を組み、口をアーンと開けていると、聖体拝領のように、甘いドロップスが舌先に。センセイはニッコリ笑って「さようなら、また明日」と言われるのでした。そのドロップは鯨油で作った肝油ドロップ。砂糖で外側をコーティングしてあるのを口の中で転がしながら帰るのです。やがて、妙な味がしてくるのですけれど。

 小さな幼稚園の最大の行事はクリスマス。広間には小使いさんの“おじさん”が立てた大きなモミの木。枝先には赤や青、金色や銀色のガラス球のオーナメントがお星さまのように下がっています。その頃には石炭ストーブが焚かれてました。

 “おじさん”がスコップで石炭を入れ、長い柄の火掻き棒でさわると、赤い炎が勢いよく燃えツリーのガラス球に反射してキラキラ輝くのです。

 そして24日はクリスマスイブ。サンタさんからプレゼントが届く日です。クリスマスの歌、ジングルベルを、「ジングルベー、ジングルベー♪」を歌い、紙芝居は「マッチ売りの少女」。その頃は敗戦から7年目。駅のガード下にはまだホームレスの一家が住んでいましたから、マッチ売りの少女は、すぐそこにある現実。心にしみる悲しい話でした。

 それから、それから、お楽しみプレゼントはサンタブーツとケーキ。紙のブーツには柊の実が飾ってあり赤いリボン。中をのぞくと。あの肝油ドロップ1缶、冬休みに退治するための虫下しチョコ。それから、お正月のカルタ。でもそれはなんて素敵なプレゼント。ドロップとチョコとゲームなのですから。

 そして、田村先生は、「お箱の小さなケーキは、おうちのみなさんと感謝と共にいただいて下さいね。落とさないように持って帰るのですよ」といつものようにニッコリ笑っておっしゃるのでした。家に帰ってそっとフタを開けると、雪のように白いバタークリームにくるまれたケーキが入っています。その上にはバタークリームのピンクのバラが一輪のっていました。砂糖粒のアラザンが朝露のようにバラの花びらの上で銀色に光っていましたし、緑色のアンゼリカが3本、バラの花を守るように押してありました。甘美で麗しいバラのケーキです。そしてそのケーキは、まだ見たこともない外国の、未知の世界の扉を開けるケーキでした。家族の人数分に切り分けられた薄いケーキのおいしかったこと。あの幸福な時間をすごすのに小さなケーキは充分な大きさでした。

 師走の夕暮れの街で、古い友人とシナモンティーを飲んでいました。彼女は長く、幼稚園の先生をしています。ふと、小さい頃の幼稚園からのプレゼントが忘れられないわ、と言ったら、今でも園児にケーキをプレゼントしているのだと言う。それでね、と友人はこんな話をしてくれた。

 園で「さあ、皆さん。可愛いケーキがサンタさんから届きましたよ。これをお家の人と分けあって、感謝していただきましょうね」と言うと、園児は口々に、弟は赤ちゃんだからカステラのとこだけ少しあげる、とか、上の飾りのイチゴやチョコの家は全部ひとりで食べたいと言う。それで「それはいけませんね。このケーキは皆で分けて食べるものですよ」と重ねて言うと、女の子が手をあげた。

 「わたしはパパにケータイして、同じのを買ってきてもらって、そして一人で全部食べるの」と言った。そうしたら「そうだ、そうだ、ケータイしたらいい」と全員が賛同して大変だったと言った。それから「ねぇ、今時という感じでしょ。分けあうとか、感謝なんて言葉はケータイにかき消された、というわけ」と話し終えてタメ息をついた。ふと、私にしても、この「感謝」という言葉を理解するのに、何とはるかな時間がかかったことだろう、と思う。私の通った小さな幼稚園。そこではいつも田村先生がこう祈っておられた。

 「天のおとうさま、おかあさま。今日のミルクに感謝します。分けあえる喜びに感謝します」と。その言葉は、クリスマスを迎えるたびに、幾度も幾度も、こだまのように胸にひびき、そして、今ようやく「感謝」という言葉にたどりついた。「神様。今日の一日に感謝します」。

*神戸イルミナージュ2011
期間:2011年11月1日~2012年1月17日
時間:17:30~22:00
場所:神戸市立フルーツフラワーパーク
広大はフルーツフラワーパークが光りのオブジェで彩られている神戸イルミナージュ。
光の樹のクリスマスツリーや、光り輝く動物たちに子どもたちの歓声があがります。
入園料は、東日本大震災被災地支援「ひまわりプロジェクト」に送られます。



「もも家」のフードレシピ

クリスマスの豚肉ステーキ

図2 もうすぐクリスマス。子どもたちには、サンタさんからプレゼントが届くうれしい日です。もうひとつのお楽しみはクリスマスケーキ。神戸はスイーツの街。おいしい洋菓子店が目白押しです。「今年はどこのお店のケーキを予約する?」というのがママたちの話題です。そして、クリスマスディナー。今年はチキンの代わりに、大きな豚肉の塊をステーキ風に焼いてみました。トッピングはクリスマスカラーの赤、緑、白を赤のリンゴ、青ネギの緑、白い玉ねぎでつくりました。濃厚なソースにこのトッピングがさわやかなアクセントのステーキです。
 あら、「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴り、ケーキも届いたようです。
 では、急いでつくり始めましょう。とっても簡単ですから。

 材料(4人分)
・豚肉(モモかヘレ肉(ヒレ肉))450gのもの2個=約1Kg
  豚肉下味用の塩・コショー、赤ワイン(なければ日本酒)100cc
  ニンニク4個:皮をむき、2つ割にして芽をとって8片にしておく。

・付け合せのキノコ類
  しいたけ(大)10~12枚
  しめじ(大)1パック

・トッピングとして
  リンゴ 1個
  玉ねぎ 大1/2個
  青ネギ 3本

・トッピングのドレッシング
  レモン1/2個(果汁にして、なければ酢大2)
  サラダ油 大1
  塩・コショー

・豚肉のソース
  白みそ 大6(甘めのもの。なければ砂糖を少し加える)
  豆板醤 大1(好みにより加減)
  醤油 大2
  水 150cc

 作り方

図3①豚肉は、脂をそぎ取り、竹ぐしで数カ所、刺して味をしみ込みやすくし、塩(1Kgで大4)、コショー(大2)を振りかけよくもみ込み20~30分置く。
 その後、ビニール袋に赤ワイン(100cc)を入れ、豚肉をつけ込み、4~5時間置いておく
(冷蔵庫で1晩ねかせてもよい)。

②沸騰した湯にニンニク4切と①の豚肉を入れ、アクを取りながら20分、静かにゆでる。20分たったらそのまま湯の中で10分置いておく。

③ボールにソースの材料を全部混ぜておく。豆板醤は味加減しながら入れて下さい。

④キノコ類は石づきを取り、しいたけは1/4に切り、しめじは軽くほぐしておく。

⑤フライパンにサラダ油大1を入れ、ニンニク2片を入れ、火をつけ、サラダ油に香りを移す。
その後、強にして④のキノコ類を炒め、軽く、塩・コショー。よい香りがしてきたら、お皿に取り出しておく。

図4
⑥トッピングをつくっておく。
 玉ねぎはみじん切りにし、水にさらし、アク(辛味)をとり、キッチンペーパーでギュッと絞って水気をとる。リンゴは皮付きのまま7ミリ角に。青ネギは7ミリくらいの小口切り。全部あわせて、レモンの果汁、サラダ油、塩・コショーでマリネしておく。

⑦テフロンの深めのフライパンにサラダ油(大2)を入れ、ニンニク2片を入れ弱火でサラダ油ににんにくの香りを移し、ゆでた豚肉をころがしながら、表面に焼き色をつける。焼き色がついたら、合わせておいた白ミソのソースを一気に入れ、からませる。

⑧大皿にキノコのつけ合わせ、⑦の豚肉を盛り、⑥のトッピングに振りかける。フライパンに残ったソースは水を少し加えてゆるめ、薄く切りわけた豚肉ステーキにたっぷりかける。好みでレモンのくし形を添えて盛りつける。

 これでできあがり。白みそソースが豚肉によく合い、今までにない味わいのステーキ。大きな肉の塊はディナーにふさわしい華やかさです。
 それでは、silent night .Holly night.
よいイブの夜をおすごし下さい。

編集部より:大仁さんのフードレシピについては、このサイトで多数見ることができます。また、この記事の著作権は大仁浩子さんに帰属し、イラストの著作権は横江節子さんに帰属します。著作権の侵害にご注意ください。

〔もも家〕
TEL:078-391-2466
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-7-20 前川ビル2F
(三宮駅の北、徒歩5分)
大変遅くなりましたが、「もも家」のフードレシピは明日掲載します。

タイミングはぴったりのクリスマスの話です。レシピは豚肉ステーキ。

今年もあとわずかですが、編集工房ソシエタスはまだまだ仕事が残っています。無事、新年を迎えることができるかどうか。

明日は、以前の会社に行って、最終的に荷物などを引き上げます。名実ともに、独立ということになりますが、まだまだ。真の独立にはあと少しかかりそう。

でも、手応え十分です。来年が楽しみ。

では、明日、お楽しみに!(清家輝文)
昨年、本誌月刊化10周年を記念して、10年分の特集をまとめた「10年パック」を発売しました。大変ご好評をいただき、それから1年がたった今、その後の1年分も追加できないかというご要望をいただき、検討した結果、128号から137号の1年分を追加した「特集パック」を制作することになりました。

「10年パック」をお買い上げいただいた方には、3,150円(税込)でアップグレードした「特集パック」と交換させていただきます。(「10年パック」のCDのみをご郵送いただき、「特集パック」希望と記していただければ、交換します)

なお、新規で11年分の特集が収められた「特集パック N0.28~137」をお求めの場合は、33,000円+税になります。もちろん、「10年パック」同様、人名、部位別、ジャンル別で検索可能です。

発売は1月20日と決定しました。よろしくお願いします。(清家輝文)
月刊スポーツメディスンの137号は以下の特集内容で、今月26日発売です。全部で35ページの大特集です。ご期待下さい。(清家輝文)

●137号特集
ストレッチング熟考
目的・方法・効果・リスクの検討

1 目的に合ったストレッチングの方法を求めて
  -長年の研究、実践とともに
  山本利春・国際武道大学教授、日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスター
2 ストレッチングの研究に関わって
  -研究テーマの変遷と新たなテーマについて
  稲見崇孝・愛知医科大学運動療育センター
3 物理療法を併用したストレッチ手法
  -hybrid stretch、筋間リリース、関節運動の促通
  大平高正・ハートリハ ソラ、理学療法士
4 理学療法とスポーツ現場に関わって
  -目的に合わせたストレッチングの方法と効果
  小山貴之・日本大学文理学部、理学療法士
5 スポーツ現場の声を聞く-コーチ、トレーナー、選手の立場から
  医療現場とスポーツ現場でストレッチングを実施してきて 垣見修平・駿河台日本大学病院理学療法室、理学療法士、現役サッカー選手
  韓国女子プロバレーボールチームでのストレッチング事情 柴田宗範・リンク栃木ブレックス、ストレングスコーチ
空気(エアー)で包んで(ラップ)衝撃から守る、エアラップテックパッド搭載
世界初(※)! 衝撃吸収抜群! エアーのパッドがピッタリフィットのサッカー競技用シンガード
『エアラップテックシンガード』登場

株式会社モルテンは、空気で包んで衝撃から守る技術を用いた世界初のシンガード『エアラップテックシンガード』を、2012年1月20日(予定)に全国のスポーツ用品店などで発売開始します。

GC0023-B_M1R_1_convert_20111219131128.jpg 『エアラップテックシンガード』は、従来のスポンジタイプのシンガード(すね当て)に対してユーザーが感じている『フィット感が弱<、ソックス内で動いて違和感がある』『しっかり保護しようとすると大きく、重たい』『通気性が悪く蒸れやすい』などの従来のシンガードに対する課題に応えるべく開発されたシンガードです。

 『エアラップテックシンガード』は、中空体技術を応用したエアークッション性能(小部屋に別れ、細い通り道でつながっていることから、瞬間の衝撃には衝撃緩衝効果を持つ)により、高いフィット感と軽い付け心地を実現してい
ます。衝撃吸収性は当社従来品よりも約2.3倍高くなっており、また水洗いも可能で、快適に使用できます。『エアラ
ップテックシンガード』は、“世界初"の「水を通さず空気は通し大気圧を保つ構造」をもつシンガードで、温度変化
に対して膨れやへこみを防ぎ、常に最適なクッション性を維持します。

■製品特長
①高い衝撃吸収力2.3倍
ハードシェル+エアラップテックパッドでスネヘの衝撃をしっかり吸収します。
*当社製品スワンセシンガードとの比較結果を示したもので、具体的条件によって左右されます。

②ピッタリフィット
エアーとエアラップテックパッドの柔らかな弾力性により、人によって異なるスネの形状にも“ピッタリ"フィットし、ずれにくくなっています。

③におわない
一般的なシンガードのように、スポンジを使っていないので、においの元となる汗や水分がしみ込みません。そのため、簡単な水洗いをするだけで、イヤなにおいがしません。

④呼吸するパッド
圧力自動調整バルブが常に最適なクッション性を維持します。 

サイズ/縦17.5cmx横7.8cm
材質/ハードシェル:ポリプロピレン、パッド:スチレン系エラストマー
重量/約60g
希望小売価格(税込) /¥1,470
生産国/日本

問い合わせ/モルテングローバルマーケティング
TEL:03-3625-8302
今、137号の特集をやっていますが、なんとか月曜入稿は可能になってきました。

明日が山場です。

さて、今月の「もも家」のフードレシピですが、少々遅れまして、来週掲載となります。クリスマスをテーマにしたものですので、ちょうどいい時期になるかと思います。

そういえば、先日大分の大平先生を取材した帰りに、神戸・三宮の「もも家」さんに行って来ました。店主・大仁さんはもとより、イラストを描いていただいている横江さんもいらっしゃって、楽しい一夜となりました。かなり前に入れたらしい「やま猫」という焼酎のボトルが残っていて、それをいただきました。

みなさんも、神戸にお出かけの際は一度「もも家」さんにお立ち寄りください。

では、あと少し。頑張ります。(清家輝文)
次号、137号の特集は以下のタイトルでいこうかと考えています。

特集 ストレッチング熟考   ――目的・方法・効果・リスクの検討

6人の先生に取材した内容をまとめます。今、急ピッチで原稿作成中。

かなり厳しい状態ですが、来週月曜入稿を目指して頑張っています。(清家輝文)
■スポーツツーリズム推進連携組織(JSTA)第2回勉強会
日時:平成23年12月27日(火)15:00~17:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス 大隈記念講堂B1F小講堂
〒112-0012 東京都新宿区西早稲田1-6-1
東京メトロ東西線早稲田駅下車 徒歩5分程度
地図 http://wasedabunka.jp/about/access
参加料:無料


◎議事案

開会挨拶 観光庁長官 溝畑 宏

1.スポーツツーリズムの旅行商品化と内外への情報発信の推進のあり方

2.スポーツツーリズム推進連携組織(JSTA)の趣旨・機能・運営方法
  今後の進め方等について

  観光庁スポーツ観光推進室長  坪田 知広

  代表発起人
   早稲田大学スポーツ科学学術院教授  原田 宗彦

3.質疑応答

4.その他

参考:スポーツツーリズム推進基本方針
http://www.mlit.go.jp/common/000160526.pdf
(連携組織についてP42~43に記載がございます。)

◎参加申込
観光庁山本 yamamoto-k596h@mlit.go.jp まで
(1)お名前、(2)ご所属・ご役職、(3)連絡先
を送付いただきますようお願い申し上げます。

◎お問合せ先
観光庁スポーツ観光推進室
スポーツ観光政策官 山本 圭太

Tel:03-5253-8111(内線:27-821)
   03-5253-8925(直通)
Fax:03-5253-8930
Mail: yamamoto-k596h@mlit.go.jp
URL: http://www.mlit.go.jp/kankocho/
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
      (中央合同庁舎3号館3階)
現在、ストレッチングの特集に専念しています。

6人の先生のお話はみな非常に面白く、読者のみなさんに大いに参考にしていただけると思います。

来週月曜入稿なので、特急仕事ですが、もちろん手は抜きません。(でも、さすがに少しくたびれてきました)

ちょっと休んで「ウナ玉丼」で元気つけてきます。(清家輝文)
子どものからだと心白書2011 発売
chi2011.jpg
子どものからだと心・連絡会議および子どものからだと心白書2011編集委員会が発行する『子どものからだと心白書2011』が、12月7日に発売されました。

例年どおり、「生存」「保護」「発達」「生活」の4つの柱をベースに、子どもの“からだと心”に関するトピックス全14題を各専門の方たちにご執筆いただいたほか、今年度の白書では、東日本大震災を受け、震災に関するトピックスを下記3題掲載しました。

【保護】
『震災から「からだと心」の教育課題を問い直す――東日本大震災、阪神大震災、関東大震災の比較をとおして』
 岸本 肇・共栄大学教育学部 教授

【震災】
『災害時にこそ子どもの遊び場づくりを!!──子どものペースに寄り添う「心のケア」の取り組み(仙台)』
 根本暁生、佐野洋子・NPO法人冒険あそび場──せんだい・みやぎネットワーク

『放射能から子どもを守る──福島第一原発事故をうけて』
 奥村晶子・薬剤師、高木学校メンバー

ぜひ、ご興味のある方は、1冊お手元にいかがでしょうか?

A4判  176頁 並製
定価2,100円(本体価格2,000円)

問い合わせ/ブックハウス・エイチディ
TEL:03-3372-6251
FAX:03-3372-6250
からだの向き、ボールコースを立体的に伝え、セットプレー時などのイメージが共有しやすい
立体作戦盤 サッカー用 

SF0080_M1R_1+繝悶Ο繧ー_convert_20111213133319
競技用ボールとスポーツエキップメントメーカーの株式会社モルテンは、選手の体の向き、ボールのコースを立体的に伝え、空間イメージを共有しやすい立体作戦盤 サッカー用を、2012年1月20曰(金)より金国のスポーツ用品店などで販売開始します。

現在、一般的に使用されている丸型マグネットを使用する平面の作戦盤では、直感で状況をイメージしにくく、
体の向きや選手のポジションなどがわかりにくいため、選手が十分に理解できない場合がありました。

立体作戦盤 サッカー用は、セットプレーやフォーメーションなどの指導時に、選手の体の向きや、全体
の動きが瞬間的にイメージできるので、理解しやすいのが特長です。

実際のコートで見える状況が再現でき、試合勘が身に付きやすく、集中して指導を受け自ら駒を動かして考える楽しさを実感できる作戦盤です。

 立体作戦盤サッカー用は、『バスケットボール用』、『バレーボール用』に次いでシリーズ第3弾となります。

■製品特長

①体の動きからポールの動きまでリアルに再現でき、体の向きや走る方向がわかりやすい。

②攻守別の選手駒やボール付きの指示棒で指導者がアドバイスしやすい
空中でのボールの立体的軌道の説明ができることで、ボールが空中にあるときの勣きに対して、
各選手がどのように動くのかが同時に説明できます。
また、小学生サッカーチームでの市場モニタリングでは、子供たちの興昧レヘルがあがり、
コーチングに役立つとの声や、選手同士でフォーメーションの勉強をするようになったとの声もあがっています。

③毎日の練習をともにする、耐久性の高さを実現しました。
 日常的に使用頂けるよう、耐久性の高さを追求しました。磁カテストでは、ボードに逆さに駒を取り付けて、
 10㎝の幅を上下に5回/2秒振っても落下しない。また、ボード表両にマグネットを500回こすっても塗装が剥がれないなど、安心して使用頂けるような品質を追求しました。

価格/13,650円
材質/ボード:鉄板、紙、塩化ビニル樹脂 収納袋:ナイロン+ポリウエレタンコーティング
サイズ/ボード 横60㎝×縦45㎝
セット内容/①選手駒(合計24個)、②ゴール枠(1個)、③ナンバーステッカー(2枚)、④指示棒(1本)、⑤マーカーペン(黒1本)、⑥ボード、⑦収納袋
生産国/台湾製

問い合わせ/モルテングローバルマーケティング
TEL:03-3625-8302
「詳解スポーツ基本法」(日本スポーツ法学会編)と「スポーツ政策論」(菊幸一、齋藤健司、真山達志、横山勝彦編)という本を送って頂きました(いずれも成文堂刊)。

2冊とも詳細に論じられていて、この分野の人にはおすすめです。(清家輝文)
137号の特集はすべて取材が終わりました。取材させていただいたのは、下記6人の先生です(順不同)。

大分・ハートリハソラ 大平高正先生、理学療法士
日本大学文理学部 小山貴之先生、理学療法士
駿河台日大病院 垣見修平先生、理学療法士、サッカー選手
愛知医科大学 稲見崇孝先生
国際武道大学 山本利春先生
リンク栃木ブレックス 柴田宗範先生

医療現場、スポーツ現場、健康づくり現場などにおけるストレッチングの考え方と方法、エビデンスなどについて語って頂きます。

もうあまり時間がないのですが、頑張ります。(清家輝文)
今年一年

 早いものでもう12月。今年もあっという間に年末を迎えることになりました。10月末に私たちの陸上シーズンは終了したため11月はオフ期間。もちろんひと月まるまるというわけにはいきませんが、それでも選手たちは思い思いの方法でオフを満喫したようです。

 さて、私はというと、11月最初の土日は青森県で行われた臨床スポーツ医学会に参加。女性アスリートを取り上げたシンポジウムで女子バスケが行っている予防プログラムへの取り組みを紹介しました。

 思い起こせば20代前半。スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会の研修会で演題発表をしたのが最初。あの頃はブルースライドでした。業者さんへ原稿を持って行ってブルースライドに仕上げてもらう。時間もお金もかかりました。懐かしいですね~。

DCF00073.jpg 今は恥を忍んで人前に立つということも今の自分の役割かなと思っています。そんなときはいつも優秀な仲間が助けてくれます。斉藤選手に負けないくらい持ってます。持つべきものは良き仲間。本当に皆さんには感謝しています。ありがとうございます(涙)。

 今年は東日本大震災があったのと、私の周りで何人もの赤ちゃんが産まれているのとで「生」と「死」というのを近くに感じました。

 写真は先月産まれた私の姪っ子です。生後2週間。ヘン顔ばかりします。が、小さくて軽くて、見ていると自然と笑みがでます。

 「人」というより「人の形をした生物」って感じですが、赤子ってこんなにか弱く、可愛らしく愛おしいものだったのかと改めて感じています。

津田清美
(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)
米国ナチュラルプロダクツ ウエスト ツアー募集のお知らせ

米国最大規模の健康食品「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・ウエスト2012」およびアメリカ市場視察(市場分析・商品研究とアメリカ流通動向)のツアーを募集しています。

訪問先:米国・カリフォルニア州アナハイム近郊、サンフランシスコ

【日程】2012年 3月9日(金)~15日(木)(4泊7日)

【旅行費用】31万5,000円+空港税・燃油付加運賃

【申し込み締切】2012年1月27日(金)

★視察のポイント
1、ナチュラル・プロダクツ(サプライサイドEXPO併催)展示会
(機能性食品、健食、オーガニック関連商材、化粧品など出展ブース3,000社以上)視察
2、健食・オーガニック関連有力店舗(レインボー、スプラウトファーマーズマーケット、
ファーマカ)訪問、米国の最新トレンドをキャッチ
3、米国健食市場の全体像を把握するセミナーの聴講
4、羽田空港新国際線ターミナル発着便利用
(行き:ロサンゼルス、帰り:サンフランシスコ)で、ゆったりとした視察日程

問い合わせ先/UBMメディア(株) 担当:江渕(えぶち)
電話03-5296-1013
メール:Atsushi. Ebuchi@ubm.com
今日は、千葉・勝浦にある国際武道大学に行き、山本利春先生に取材してきました。武道大学らしい研究がたくさんあり、現場に即したストレッチングの話を1時間くらい聞かせていただきました。

今回の特集は、この山本先生と愛知医科大の稲見先生が体育のご出身、それ以外の3人の先生は理学療法士ですが、サッカー選手で理学療法士という人もいらっしゃり、バラエティに富んでいます。

ストレッチングを多方向から見ることができそうです。現場のトレーナーやコーチの人にもインタビューできればしたいところ。ページ数が足りるかどうか。

また詳細、取材を進めつつレポートします。(清家輝文)
愛読者の多い「もも家」のフードレシピは、今月は12日の週に掲載の予定です。楽しみにされている方、もう少しお待ちください。

次号、137号は「ストレッチング」をテーマに取材を進めています。取材は、理学療法士でサッカー選手でもある垣見修平先生、日大の理学療法士、小山貴宏先生、国際武道大学の山本利春先生、大分のハートリハ ソラの大平高正先生が決定、あとお一人かお二人、取材の予定です。

この号も充実の特集になると思います。ストレッチングの目的、方法、効果について、詳しく取材します。お楽しみに!(清家輝文)
12月21日 スペシャルセッション開催決定!
欧州で活躍する『INDIBA activ』の現状と実践テクニック

さて、このほどスペイン・インディバ社より「INDIBA® activ」のインターナショナル・トレーニング・マネージャー、マルタ・ジェオナルト・ムニョス氏(女性)の来日が決まり、インディバ・ジャパンでは12月21日に、「INDIBA® activ」のユーザーの方々にも参加いただき、スペシャルセッションを開催することとなりました。

マルタ氏は理学療法士として「INDIBA® activ」のトレーナー業務をこなしながら、医療従事者養成校で教育活動もこなすなど、多方面で活躍しています(下記プロフィール参照)。

今回は、マルタ氏に欧州での「INDIBA® activ」の使用状況などを話してもらい、ワークショップ形式で参加の方々とのディスカッションを行うほか、実際にマルタ氏が行っている治療のプロトコルの練習も予定しています。

スポーツ医学で多くの実績を有するヨーロッパの施術に触れる絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

マルタ・ジェオナルト・ムニョス氏プロフィール
1979年生まれ。
2002年 バルセローナ自治大学心理学部卒業。
卒業後しばらく心理学教育に関わり、2007年にカタルーニャ国際大学で理学療法士のディプロマを取得。
2008年から理学療法トレーナーとしてスペイン及び世界で施術と教育に携わるかたわら、医療従事者養成校で健康増進をテーマに、美容医療を取り入れた理学療法の講師として幅広く活動中。
2009年には「理学療法士のための革新的セラピー」として「INDIBA® activ」(CET、RET)を紹介する論文を学会発表している。

演題 : 「欧州で活躍する『INDIBA activ』の現状と実践テクニック」 

開催日時 : 2011年12月21日(水) 15:00~17:00

場所 : インディバ・ジャパン本社セミナールーム

参加費用 : 無料

定員 : 15名

お申し込み:下記のメールもしくはTELにて、お問い合せください。
E-メールアドレス:indibaactiv@cmail.plala.or.jp
TEL:03-5773-1103
FAX:03-5773-1104
2011 年12 月1 日(木)より発売
「FT4」「FT2」「FT1」に4カラーの新色が登場
心拍計測機能付きトレーニングウォッチ


 ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区幡ヶ谷/代表取締役社長:ジョニー・ワシントン)は、ジョギングやウォーキングなどの様々なエクササイズを楽しむスポーツ愛好者に向けて、心拍トレーニングを効果的にサポートする心拍計測機能付きトレーニングウォッチ「FT シリーズ」に新色を追加し、12 月1 日(木)より全国のポラール正規販売店にて発売します。

 FT シリーズは、心拍数を計測することで最適な運動強度を把握し、目的に合わせてエクササイズの負荷を調整する心拍トレーニングの理論に基づいて開発された、ポラールの心拍計測機能付きトレーニングウォッチです。FT シリーズの中でもシンプルなトレーニングを行いたい方向けの「FT4」・「FT2」・「FT1」の3 モデルに、あわせて4カラーの新色を追加します。

 トレーニングで最大の効果を得るためには、必ずしも速く走ったり、大きな負荷をかけなければならないわけではありません。身体機能を高め、結果を出すには、正しい強度でのトレーニングを続けることが重要です。

「FT4」・「FT2」・「FT1」を使用してエクササイズをすると、常時心拍数を計測し、心拍ゾーンを定めて運動ができるため、エクササイズ強度の指標となります。運動中の心拍数は、脂肪燃焼を目的とするならば低めに、フィットネス効果を高めたい場合は高めに設定することが必要になります。心拍計は心拍数が設定した心拍ゾーンから外れると、音で知らせて正しい強度のエクササイズをサポートします。

<FT4の主な特徴>

・カロリー消費量の表示
運動消費カロリーが表示されるため、運動へのモチベーションが上がります。
・目標心拍数を年齢から自動設定
生年月日を入力すると、年齢から判断した目標心拍数を算出、設定します。また、設定した心拍数の上限・下限を超えるとアラームで知らせてくれるため、効率的なエクササイズが可能です。

<FT2の主な特徴>

・目標心拍数を年齢から自動設定
生年月日を入力すると、年齢から判断した目標心拍数を算出、設定します。また、設定した心拍数の上限・下限を超えるとアラームで知らせてくれるため、効率的なエクササイズが可能です。
・大型ディスプレイとボタン1つの簡単操作
画面表示が見やすい大型ディスプレイで、トレーニング中でも容易に心拍数を確認できます。また、1つのボタンですべての操作が可能なため、機械操作が苦手な人も安心して使用できます。

<FT1の主な特徴>

・目標心拍数の設定が可能
手動で目標心拍数を設定し、設定した心拍数の上限・下限を超えるとアラームで知らせてくれるため、確実に有酸素運動を行うことが可能です。
・大型ディスプレイとボタン1つの簡単操作
画面表示が見やすい大型ディスプレイで、トレーニング中でも容易に心拍数を確認できます。また、1つのボタンですべての操作が可能なため、機械操作が苦手な人も安心して使用できます。

<「polarpersonaltrainer.com」概要>

・最新版の無料オンライン・トレーニング・ダイアリーによる多種多様なサポート機能
polarpersonaltrainer.com はトレーニングデータ(心拍数・カロリー消費量・体重・トレーニングロードなど)の記録を分析することでトレーニングのモチベーション維持に繋がり、フィットネスレベルの向上を確認できます。その他ユニークな機能として、ユーザーの目標に合わせたトレーニングプログラムを自動的に作成する「トレーニングプログラム機能」、仲間と楽しくカロリー消費量やトレーニング時間を競うことでモチベーションを保つことができる「チャレンジ機能」などの機能を搭載。ビギナーからアスリートまで効果的なトレーニングを自分のものにできます。

※詳細はHP参照

製品名 FT4
希望小売価格  9,980 円(税込)
発売日  2011 年12 月1 日
カラー パープル/ピンク
     オレンジ/ブラック
セット内容 FT4 本体、WearLink®+トランスミッター、ユーザーマニュアル

製品名 FT2
希望小売価格  8,400 円(税込)
発売日  2011 年12 月1 日
カラー  レッド
セット内容   FT2 本体、T31C トランスミッター、ユーザーマニュアル

製品名 FT1
希望小売価格  7,500 円(税込)
発売日  2011 年12 月1 日
カラー ネイビー
セット内容  FT1 本体、T31C トランスミッター、ユーザーマニュアル

問い合わせ
ポラールお客様相談センター
TEL:03-5308-5741
136号の特集「骨盤探究」の水野さんの記事で、下記校正ミスがありました。訂正してお詫びします。

1)P.17 図1のタイトル
骨盤傾斜の分離 → 骨盤傾斜の分類

2)P.21 図18の脚注 上から3行目(括弧の位置)
野球の「気を付け」 → 「野球の気を付け」

水野さん、すみません。いけないことです。(清家輝文)
少し遅れましたが、11月のトータルアクセスは、8,879でした。ユニークアクセスが5,684。

トータルでは少し減少しましたが、ユニークアクセスは増加です。それだけ多くの人に読んでいただいているということになり、嬉しい限りです。

ホームページの時代から、ブログの時代になり、ツイッター、そして今はフェイスブックが急速に利用者の数を増やしているようです。いずれも活用していますが、確かにフェイスブックの賑わいは目立つようになりました。

ツイッターやフェイスブックでメールのようにやりとりができるので、メールの数はめっきり減ったように感じます。

月刊スポーツメディスンの特集の取材でも、フェイスブックやツイッターでのやりとりから始まることも出てきました。ネット社会は確実になにもかも飲み込もうとしていますが、それゆえに、実際に会って話すことの大切さや、現場でみることの重要性がかえって増してくるでしょう。

今年もあと1カ月足らず。137号の特集テーマはストレッチングです。お楽しみに!(清家輝文)
このブログを始めてから、Twitter(@sportsmedicineT)を始め、さらに最近ではFacebook(これは個人名のアカウント)も始めた。最初の頃は別に大きな変化はなかったが、最近顕著なのが、TwitterやFacebookを通じて、特集テーマの話などをすると、すぐに反応があり、その人に取材するということ。

もちろん、どういうバックグラウンドの人がはっきりしていて、興味深い書き込みをされている人になるが、そういう人とコンタクトをとり、実際に取材するということがこれまで2回ある。

そのほか、次号の特集タイトルを紹介すると、すぐに反応があり、これでいけそうだという感触を得ることもできるし、すでに出ている号の感想なども返ってくるので、企画や編集において大いに参考になる。

これまでは、時々電話をいただく程度で、読者の反応というのはなかなか得にくかった。取材先や日常お会いする人から聞くことはあるが、お会いしたことのない読者の反応というのはなかなかつかみにくかった。

それが、こうした新メディアができたことによって、瞬時に反応が得られ、かつ交流できるようになった。紙媒体には紙媒体のよさがあり、捨てがたい。しかし、交流という点ではネットに軍配が上がりそうだ。

ということで、次の号の特集の取材は今日から始まります。その人も実はTwitterを介して交流が始まった人です。お楽しみに。また明日、報告することにしましょう。(清家輝文)
次号の特集は、「ストレッチング」をテーマにしてみようと考えています。

1980年だったか、『ボブ・アンダーソンのストレッチング』という本の編集を行い、以来、ストレッチングは急速に普及し、今や誰でもやっているという感じです。

しかし、ではストレッチングの目的は何なのか。その目的に合った方法が行われているのか。そもそも、ストレッチングの効果についてはどれくらいエビデンスがあるのか。マイナスの効果はないのか。

いろいろありすぎるようなテーマですが、しばらく取材してみます。(清家輝文)