FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■日本スポーツマネジメント学会 第14回セミナー

日時:2012年1月14日13:30開始(12:30受付開始)
会場:埼玉トヨペット株式会社与野支店3階大会議室
〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-2-1
 ○JR埼京線「北与野」駅下車徒歩2分
 ○JR京浜東北線、JR宇都宮線、JR高崎線「さいたま新都心」駅下車徒歩10分

テーマ:「スポーツと地域活性化の新しい潮流:スポーツコミッションの機能」

プログラム(予定)

開会の挨拶
  小笠原 悦子 氏(順天堂大学教授・JASM理事)
歓迎の言葉「さいたまスポーツコミッションと地域経済の活性化」
  清水 勇人 氏(さいたま市長・さいたまスポーツコミッション会長)
基調講演「スポーツと都市マーケティング: ヨーロッパの現状と課題」
  ハンス ゾーシュットマー 氏(ロッテルダムトップスポーツ・ディレクター)
シンポジウム「bjリーグがもたらした地域の活性化」
  モデレーター: 原田 宗彦 氏(早稲田大学教授・JASM会長)
  シンポジスト: 池田 弘 氏(株式会社日本プロバスケットボール取締役会長・NSGグループ代表)
          中村 彰久 氏(株式会社仙台スポーツリンク代表取締役社長)
          木村 達郎 氏(沖縄バスケットボール株式会社代表取締役社長)
閉会の挨拶
  松岡 宏高 氏(早稲田大学准教授・ JASM運営委員)

※プログラムの詳細な時間は、決定次第メール、ウェブサイトにてご案内致します。

■参加区分および参加費:
法人会員  5名様まで無料(ご担当者様が取りまとめの上、お申し込み下さい)
一般会員  3,000円
学生会員  2,000円
一  般  5,000円
学  生  3,000円(学生証の提示が必要です)
※お振込みいただいた参加費は返金いたしかねますのでご了承下さい。

■申込方法:
○ウェブ上でのお申込
弊会ウェブサイト上の第14回セミナー専用ページよりお申込ください。

○ファックスでのお申込
「ご氏名」「ご所属」「ご連絡先(メールアドレス)」「参加区分」
「参加者名簿への掲載の諾否」を明記の上、
下記番号までお申込ください。
FAX 042-461-1071
スポンサーサイト