FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■日本体育・スポーツ経営学会第42回研究集会

「総合型地域スポーツクラブ経営の本質を問う
-総合型地域スポーツクラブをめぐる新動向を斬る-」

【報 告】
1.総合型地域スポーツクラブに関する学術研究の成果と課題
   川邊 保孝(東海大学)
2.総合型地域スポーツクラブをめぐる支援策の現状
   ■日本体育協会によるクラブ支援
    中西 純司(日本体育協会中央企画班員/福岡教育大学)
   ■クラブマネジャーの養成とtotoの財政支援
    間野 義之(日本体育協会マネジメント資格部会長/早稲田大学)
   ■拠点クラブをはじめとする国のクラブ支援
    柳沢 和雄(拠点クラブネットワーク検討委員会座長/筑波大学)

【シンポジウム】
「総合型地域スポーツクラブの将来展望と支援のあり方」

司会 清水 紀宏(筑波大学)/ 指定討論者 長積 仁(立命館大学)
シンポジスト 上記報告者4名

日 時:平成24年1月29日(日) 13:00~17:00
     受付 12:30~
場 所:筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅下車「出口1」徒歩2分程度

定 員:200名

参加費(資料代を含む): ※当日会場にてお支払い下さい。
正会員:2,000円
学生会員:1,000円
一般(社会人):3,000円
一般(学生):2,000円

参加を希望される方は、下記学会事務局まで、
①氏名、②連絡先(メールアドレス等)、③ご所属 を、e-mail
もしくはファクスにてご連絡ください。

日本体育・スポーツ経営学会事務局
e-mail : jsmpes@sakura.cc.tsukuba.ac.jp
tel/fax : 029-853-6363
スポンサーサイト