FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日、都内ホテルで開催された一般社団法人日本アスリート会議の催しに参加してきました。

第1部は議員会議、日本代表監督経験者である柳本さん、宇津木さん、井村さん、倉石さん、平尾さんが議員、それに王さんが顧問で参加。

第2部はアスリートを交えてのアスリート会議。ここから傍聴で参加しました。トップアスリート約30名が参加し、競技の垣根を超えて、スポーツの価値と問題を訴える声が相次ぎました。

第3部は、記者会見。下の写真はそのときのもの。
IMG_1332.jpg

第4部は交流会。ここでも大勢の人と出会い、楽しい一夜となりました。終わったのは夜の9時半。この記事は次号138号に掲載します。スポーツの世界が変わると思います。(清家輝文)
スポンサーサイト