FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

アクティブ・リリース・テクニック(ART)

日程/2012年4月18日~21日Ironman.jpg

会場/明治薬科大学 紀尾井町サテライトラーニングセンター 剛堂会館ビル
 (〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27)

内容/Active Release Techniques
® (ART)は、現在北米において軟部組織治療のゴールドスタンダードとして多くのアスリートをはじめ、患者やクライアントに絶大な信頼を得ています。
 トライアスロンの世界大会の公式治療法にもなっているARTは、他のテクニックとは異なり、特殊なテクニックのため米国で医療特許を取得しております。

  ARTセミナーでは、施術者が軟部組織の評価、検査と施術を行う実践的な触診と症例マネジメントを行います。

 今回、創始者であるDr. P. Michael Leahy, DCはいくつものコースの中から「脊椎(Spine)」のセミナーを日本で初めて東京で開催します。東京からのARTインストラクターと共にDr. Leahyが直接指導にあたります。

 脊椎(Spine)コースでは、末梢神経の絞扼を含めた82プロトコルを紹介し、頚椎、腰椎、胸椎の施術を学びます。

 最終日の実技テストに合格すればARTプロバイダーとして公式に認定されます。

参加費/セミナー受講料は、$1,790(テキスト代とDVD代込みですが送料別です)

ARTセミナーの流れ、受講資格、お申込方法など詳しくはウェブサイトをご参照ください。
(東京でのセミナーは日本語で記載されています)

image001.jpg■問い合わせ
info@activerelease.com
または
activereleasejapan@mbr.nifty.com

スポンサーサイト