FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

139号は今日校了します。発売は今月26日(月)になります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療がテーマで、保存療法と手術療法について、詳細に紹介します。とくに坂根先生にはPELDという経皮的髄核摘出術について、多数のスライドとともに解説していただきます。必見です。

渡辺先生には、保存療法と手術療法について整理していただき、伊藤先生には、保存療法について理学療法士としてエビデンスとともに語っていただきます。吉村先生には、保存療法でもその試行錯誤でみつけた方法について、エビデンスもおさえながら解説していただきます。

腰椎椎間板ヘルニアに対する正しい知識、新しい手術法など、興味深い内容です。(清家輝文)
スポンサーサイト