FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今月発売の140号の特集は以下の内容です。4氏とも理学療法士です。

特集「腹筋と背筋―体幹筋解明へのアプローチ」
1 筋緊張検査から考える「腹筋と背筋」 鈴木俊明・関西医療大学大学院教授
2 腹筋群、とくに外腹斜筋と内腹斜筋のはたらきについて 渡邊裕文・六地蔵総合病院
3 腹筋群と背筋群の筋電図学的考察 三浦雄一郎・第一岡本病院
4 トップアスリートに対する「腹筋と背筋」の捉え方 栗田 聡・ヤクルトスワローズ


腹筋と背筋という当たり前のように捉えていた筋群。その実態がわかりつつあります。
「腹筋強化」あるいは「背筋強化」と簡単には言えなくなってきました。(清家輝文)
スポンサーサイト