FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

141号は来週月曜発売です。特集については、お知らせしたとおり、「運動器超音波解剖―コメディカルが動画で診る時代へ」ですが、連載も見逃せない記事が多くあります。

今日は、そのなかから、河崎賢三先生の「スポーツと医療の現場から考える」を紹介。141号では「少年野球選手の投球障害―少年野球の現場に出てわかったこと」と題して、まさにスポーツと医療の現場のリアルな状況が4ページにわたって紹介されています。

ピッチャーに負担がかかりすぎている少年野球の現状。アメリカでは打つことから始まり、日本では投げることから始まるという野球。保護者の問題も含め、考えるべき問題がたくさん紹介されています。ぜひ、ご一読ください。(清家輝文)
スポンサーサイト