FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

141号は来週月曜発売です。特集については、お知らせしたとおり、「運動器超音波解剖―コメディカルが動画で診る時代へ」ですが、連載も見逃せない記事が多くあります。

今日は、そのなかから、河崎賢三先生の「スポーツと医療の現場から考える」を紹介。141号では「少年野球選手の投球障害―少年野球の現場に出てわかったこと」と題して、まさにスポーツと医療の現場のリアルな状況が4ページにわたって紹介されています。

ピッチャーに負担がかかりすぎている少年野球の現状。アメリカでは打つことから始まり、日本では投げることから始まるという野球。保護者の問題も含め、考えるべき問題がたくさん紹介されています。ぜひ、ご一読ください。(清家輝文)
スポンサーサイト