FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

>NPO法人スマイルクラブ スマイルスポーツサミット“Smile Sport Summit”(S.S.S.)
――これからの総合型地域スポーツクラブを考える!

 このたびNPO法人スマイルクラブ は、下記内容にてSmile Sports Summit(スマイルスポーツサミット)を開催いたします。

 このサミットでは、日本の“総合型地域スポーツクラブ”(以下、地域スポーツクラブ)についての意見交換を行い、これからの方向性を探り、地域スポーツクラブを通じて日本のスポーツ文化向上に貢献していこうとするものです。

 このような企画を地域スポーツクラブ自体が主催するのは、全国的にも初めてのケースです。

 NPO法人スマイルクラブは、文部科学省の総合型地域スポーツクラブとして、2000年に設立をしました。活動の内容は、“スポーツ教室”、知的障がい児も参加できる“運動が苦手な子の教室”、中高齢者の“スマフィット(健康体操)”、などスポーツや健康づくりに関する事業をおこなっています。

 活動地域は千葉県、茨城県、神奈川県、大阪府、熊本県にまで広がってきております。


日時/平成24年6月24日(日)、10:30~14:30

会場/レストラン モダンタイムズ イベントルーム(柏市柏4-524第二京北ビル、柏駅東口徒歩5分)
   TEL 04-7163-2528

【プログラム】
第一部 10:30~12:00 事例報告

①「新しい公共としての地域スポーツクラブの可能性」
  森岡裕策氏(文部科学省スポーツ・青少年局スポーツ振興課スポーツ連携室長)

②「日本の地域スポーツクラブの現状と課題」“修士論文を中心に報告”
  大浜三平(スマイルクラブ理事、筑波大学大学院修士課程修了) 
 
③「アルビレックス新潟の10年」~地域クラブからJ1そしてアジアから世界へ~
  安藤徹氏(NPO法人新潟スポーツコミュニティ マネージャー)

第二部 12:15~14:30 情報交換会(懇親会)
    皆さんの日ごろのスポーツ活動についての情報交換ができます! 

参加費/4,500円/人(資料・懇親会費込み) ※第一部のみは2,000円

お申し込み・お問合わせ/NPO法人スマイルクラブ  担当:大浜
〒277-0858千葉県柏市豊上町23-29
TEL:04-7169-4183
FAX:04-7169-3303 
E-mail:smile-c@jcom.home.ne.jp
スポンサーサイト