スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.193(2017年8月号)←詳細&購入はここ!
MSM193_201708231735445c2.jpg 『特集 運動器超音波がもたらす新しい「診療」
──エコーガイド下の治療、エコーでスタッフ連携
 
1.「第2世代の幕開け! 進化続ける運動器エコー」
──超音波画像診断装置の現在と今後の可能性
 松崎正史・ソニックジャパン株式会社 代表取締役
        
2.「日本から世界へ! 進化続ける運動器エコー」
──若いチカラでJapan originalを創る
 笹原 潤・帝京大学スポーツ医科学センター 同大学医学部整形外科学講座、医療技術部スポーツ医療学科
 
3.「超音波診“断”から超音波診“療”の時代へ」
――──ハイドロリリース、超音波ガイド下手術への挑戦
 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

4.「スポーツ医学の本場Stanford大学での挑戦」
──アメリカでのエコーガイド下治療
 福島八枝子・PM&R Sports Medicine Orthopaedic Surgery, Stanford University

『アナトミー・トレイン』の第2版が出ました。第2版は、板場英行先生と、142号特集に登場していただいた石井慎一郎先生の訳で、A4判オールカラー、そしてDVD付き。

第1版よりさらにわかりやすくなっています。

医学書院から、6,500円+税(5%なら6,825円)。

カラーの貴重な解剖図も含め、これはほしいなと思う本です。(清家輝文)
スポンサーサイト
■平成24年度地域スポーツクラブシンポジウム

1.主   催 : 東京都広域スポーツセンター(公益財団法人東京都スポーツ文化事業団)
2.日   時 : 平成24年6月30日(土) 13:00~16:30
3.場   所 : 東京体育館 第1会議室(最寄駅:JR千駄ヶ谷駅)
4.テ ー マ : 「知って得する!~あなたのまちのスポーツ事情~地域スポーツクラブができること~」
5.参 加 費 : 450円
6.定  員  : 80名
7.内容:
 ◆ 13:05~13:25
演  者 : 舟木  泰世 氏 (東京都広域スポーツセンター 専門員)
テ ー マ: 東京都における地域スポーツクラブ育成の現状
 ◆ 13:25~14:15
演  者 : 和 秀俊 氏 (立教大学コミュニティ福祉学部 助教)
テ ー マ: コミュニティ形成に向けたスポーツの可能性~地域生活者に着目して~
 ◆ 14:25~14:55
演  者 : 小澤 淳 氏 (NPO法人習志野ベイサイドスポーツクラブ クラブマネジャー)
テ ー マ : 地域スポーツクラブによってもたらされたスポーツ環境の変化
◆ 14:55~15:25
演  者 : 佐野 宏 氏 (NPO法人調和SHC倶楽部 プロジェクト事業リーダー)
テ ー マ : 地域スポーツクラブを拠点にしたトップアスリート派遣の取り組み

ディスカッション (15:35~16:30)

8.申込方法:
<先着順>スマイルスポーツ事業センター
(1)電話:0120-612-001(フリーダイヤル)
携帯・PHSからは03-5474-2150
※平日10:00~17:00
(2)インターネット( http://smilesports.jp/ )まで

◎お問い合わせ先:
公益財団法人東京都スポーツ文化事業団
東京都広域スポーツセンター
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1 東京体育館内
TEL:03-5474-2148
FAX:03-5474-0145
142号は月曜に発送していますので、もう届いた方も今日あたり届く方もいらっしゃると思います。

感想なりご意見なりをこの右欄にあるあ「メールフォーム」から、あるいはツイッター(@sportsmedicineT)でお寄せください。今後の特集企画の参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。(清家輝文)
日本スポーツ法学会・松本大学共催シンポジウム 
(兼日本スポーツ法学会夏期合同研究会)開催要項


日時/平成24年7月22日(日)、10:30~15:00

場所/松本大学(松本市新村2095-1)2号館3階232教室(講師及び役員控室:2号館3階231教室)

目的/新「スポーツ基本法」の下、武道必修化などの状況を踏まえて、スポーツ事故をいかに防ぐか、競技団体はいかに対応し、特に事故情報の把握・公開をどのようすべきかを明らかにすることを目的とする。

主催/日本スポーツ法学会、松本大学

後援/長野県教育委員会(予定)

テーマ/「スポーツ事故をいかに防ぐか-競技団体の取り組みを考える-」

プログラム(内容)/司会:吉田勝光(松本大学)

(1)主催者あいさつ 10:30~10:40

日本スポーツ法学会会長 浦川道太郎 氏
松本大学人間健康学部長 等々力賢治 氏

(2)基調講演

「スポーツにおける頭部・頚部のケガを防ぐ」 10:40~11:30 <50分>
石垣範雄氏(信州大学医学部附属病院リハビリテーション部副統括医長)

「被害者の立場から事故防止を考える」 11:30~12:20 <50分>
小林恵子氏(全国柔道事故被害者の会事務局)

・・・・・・・・休憩・昼食・理事会(40分)・・・・・・・12:20~13:00 <40分>

(3)シンポジウム「競技団体は事故情報をどのように把握・公開しているか、すべきか」13:00~15:00
   コーディネータ 望月浩一郎氏(弁護士・事故判例研究専門委員会委員長)

報告(1):公益財団法人日本水泳連盟       <20分>.
報告者 鈴木浩二氏(競技運営委員長、ジュニアオリンピック実行委員長)

報告(2):公益財団法人全日本柔道連盟       <20分>
報告者 佐藤幸夫氏(安全指導プロジェクト特別委員会委員長)

報告(3) :財団法人日本ラグビーフットボール協会     <20分>
報告者 古谷正博氏(メディカル委員会副委員長)

    ・・・・・・・・休憩(10分)・・・ *この間に会場から質問収集
  
質疑・討論  <50分>

定員/280名

参加料/無料

参加対象/地域スポーツ指導者、学校教職員、行政関係者、スポーツ愛好者、松本大学教職員・学生、日本スポーツ法学会会員等

申し込み先等/日本スポーツ法学会会員以外の方は、直接会場にお越し下さい(事前の申し込み不要)。
同学会員は、平成24年6月30日(土)までに、下記事務局へメール(様式自由。氏名、所属先、連絡用電話番号、7月21日に開催予定の拡大理事会(理事を交えての交流会)の参加可否、宿泊先案内希望の要否等を記入)または電話にてご連絡下さい。

その他/(1)他の行事(TOEIC試験)が同時実施されています。大学構内では係員の指示に従ってください。
(2)当日は、上記試験の他に、「スポーツマネジメント論」の振替授業のため、学生も聴講します。駐車場の混雑も予想されますので、来場には公共交通機関をご利用ください。
*演者等の都合により、実施内容を変更することがあります。

問い合わせ/日本スポーツ法学会事務局
〒390-1295 松本市新村2095-1
松本大学 吉田研究室 吉田勝光(日本スポーツ法学会事故判例研究専門委員会事務局)
TEL:0263-48-7333(研究室直通)
吉田携帯:090-5627-6680
E-mail:masamitsu.yoshida@matsu.ac.jp
142号はきのう発売になりました。

その詳細はこのサイトでご覧いただけます。(この欄の上からも同じサイトに入れます)

特集「膝の動きを診る」については、PDFで10ページ(カラーを含む)を閲覧していただくことができます。
ぜひ、一度ご覧ください。(清家輝文)

民放で放送するロンドン五輪の競技種目が決定

※詳しくい概要は日本民間放送連盟のHP内 資料参照

日本テレビ系
水泳/男100m平泳ぎ(決勝) 男100m背泳ぎ(準決) 女100m背泳ぎ(準決) 7/29(日) 27:30 ~ 29:35

体操/決勝 男 個人総合 8/1(水) 24:30 ~ 27:35

サッカー/女子 準決勝  8/6(月)25:00 ~ 27:00・27:45 ~ 29:45

体操/決勝 男鉄棒・平行棒 女平均台・床 8/7(火) 22:00 ~ 25:05

レスリング/準決勝 女フリースタイル 48㎏級 63㎏級 8/8(水) 21:00 ~ 23:45

TBSテレビ系
柔道/決勝 男66㎏級 女52㎏級 7/29(日) 22:00 ~ 24:50

柔道/予選 男100㎏級 女78㎏級 8/2(木) 17:30 ~ 20:30

柔道/決勝 男100㎏級 女78㎏級 8/2(木) 22:00 ~ 24:50

レスリング/決勝 女フリースタイル 55㎏級 72㎏級 8/9(木) 25:45 ~ 28:15

陸上/決勝 男4×100mリレー 女4×400mリレー 女走り高跳び 男槍投げ 他8/11(土) 26:45 ~ 29:30

フジテレビ系
柔道/予選 男73㎏級 女57kg級 7/30(月) 17:30 ~ 20:30

柔道/予選 男90㎏級 女70㎏級 8/1(水) 17:30 ~ 20:30

陸上/男100m(1次予・2次予) 女棒高跳び(予選) 他 8/4(土) 18:00 ~ 21:45

陸上/女子マラソン 8/5(日) 19:00 ~ 22:00

シンクロ/デュエット フリールーティン 8/6(月) 23:00 ~ 25:10

陸上/決勝 男400m 女棒高跳び 他 8/6(月) 26:50 ~ 29:40

陸上/男200m(準決勝) 女200m(決勝) 他 8/8(水) 26:00 ~ 29:55

テレビ朝日系
柔道/予選 男60㎏級 女48kg級 7/28(土) 17:30 ~ 20:30

水泳/予選 女100m背泳ぎ 男100m背泳ぎ 他 7/29(日) 18:00 ~ 20:50

水泳/予選 男200m平泳ぎ 他 7/31(火) 18:00 ~ 20:15

柔道/予選 男100kg超級 女78㎏超級 8/3(金) 17:30 ~ 20:30

水泳/決勝 男4×100mメドレーリレー 女4×100mメドレーリレー 8/4(土) 27:30 ~ 29:00

シンクロ/デュエット テクニカルルーティン 8/5(日) 23:00 ~ 24:40

陸上/男100m(準決・決勝) 男ハンマー投げ(決勝) 他 8/5(日) 26:50 ~ 29:55

テレビ東京系
柔道/決勝 男81㎏級 女63㎏級 7/31(火) 22:00 ~ 24:50

卓球/女団体 1回戦 8/3(金) 22:30 ~ 25:30

水泳/決勝 男100mバタフライ 女200m背泳ぎ 他 8/3(金) 27:30 ~ 28:50

卓球/女団体 準決勝 8/6(月) 18:00 ~ 21:00

陸上/決勝 男1500m 女100mH 男走り高跳び 他 8/7(火) 26:50 ~ 29:20

NHK地上波中継
サッカー 女子 8/3夜準々決勝、8/9夜から8/10朝3位決定戦と決勝戦

陸上 男子マラソン 8/12夜

体操 男子団体決勝 7/31未明

水泳 男子200m平泳ぎ決勝 8/2未明

開会式 7/28 午前3時半

閉会式 8/13日未明
142号は本日発売です。

特集は「膝の動きを診る」で、3人の先生(理学療法士)に取材しました。

「2012 Japan Athlete Forum in Japan」のレポート、「関東労災病院スポーツ整形外科30周年」の祝賀会のレポートも掲載しています。

詳細および特集の10ページ分のPDFは本日午後には月刊スポーツメディスンのサイトでご覧いただけます。アタックネットの右のコラムから入れます。

よろしくお願いします。(清家輝文)
142号は月曜、6月25日発売です。

月曜の午後には、ブックハウスのHPで、142号の目次と特集「膝の動きを診る」の10ページ分をPDFで公開します。ぜひご覧ください。(清家輝文)
JAPICA公認指導者資格コース「継続学習特別プログラム」コーピング講座
ピラテス指導者のためのコーピング・セルフトーク


日程/6月24日(日)

時間/午後4時30分~5時30分(午後4時15分から受付開始)

会場/DMJボディバランシング東京スタジオ

内容/1.ストレスとは、コーピングとは?
2.良いストレスと悪いストレス
3.指導者(運動指導者、上司、親など)によるあるストレスは?
4.クライアントによくあるストレスは?
5.セルフトーク実践練習:あなたをストレスに感じさせている原因をみつけよう
6.セルフトーク実践練習:ピラティス指導者としての質を高める

*詳細は、PDFをご参照下さい。

講師/森 和子(コーピングコーチ、ネバダ州立大学公認ピラティス指導者)

対象/①JAPICA卒業生、②JAPICA現役生・インターン生/UNLV卒業生、③一般/他資格保持者

受講料/①3,150円、②4,200円、③5,250円

申し込み方法/スタジオ受付または、電話、メールにて申し込む。先着順。

問い合わせ/DMJ Body Balancing東京スタジオ
TEL:03-3440-3738
E-mail:info@pilates.co.jp
■東工大のスポーツ講座2012

毎年、日本を代表するスポーツ選手各氏を招いて開催しておりますスポーツ講座の日程が決定。
今回は、野球解説者・野球評論家の工藤公康さんとスポーツライター&キャスターの青島健太さんの対談形式の講演会です。入場無料ですので、皆様お誘いの上奮ってご参加ください。

日時: 2012年7月13日(金) 17:30-19:00
場所: 大岡山 西9号館 ディジタル多目的ホール

詳細はこちら
健康・快適シューズ市場NO.1ブランドのアサヒ・快歩主義
QOL向上を目指し新たに室内シューズをラインナップ

■快歩主義とは
 快歩主義は同社が2000年より展開しているメインブランドです。

 アサヒコーポレーションの3つのキーワードである「健康」「快適」「信頼」を体現した日本製のシューズです。ひとは年齢とともに筋力が衰えてくると、下肢のバランスがくずれ、不安定な歩き方になり、わずかな段差にもつまずきやすくなります。しかし、歩かないでいると老化はますます加速してしまいます。

 アサヒコーポレーションでは、この点に着目し、医療機関との共同開発により、歩くことが楽しくなるような健康的で快適な靴を開発いたしました。

 理想的な歩行をサポートする機能や、つまずきを防ぐ機能、軽量や脱ぎ履きのしやすさが評価され、2012年6月には販売累計足数550万足を突破。名実ともに健康・快適シューズ市場を牽引するNo.1ブランド、それが「快歩主義」です。

■商品概要
*「フットオンコントローラーシステム」搭載 特許第3874982号
*男性用、女性用ともに多数ご用意
*様々なシーンに対応できるよう豊富なカラーバリエーション
*学校法人 名古屋医専 教授 酒向俊治による監修・指導
*2006年に快歩主義が福岡県産業デザイン賞「グッドビジネス賞」受賞

~快歩主義 足に優しい5つのポイント
(1)体重移動をコントロールして歩行をサポート
(2)水に浮くほど軽い
(3)つまずきにくく安心
(4)脱ぎ履き簡単
(5)安心・安全の国内生産

_prw_PI1im_5zoQhhn0.jpg


【問い合わせ】
株式会社アサヒコーポレーション
商品本部 商品企画課広報宣伝グループ
担当:加藤
TEL:03-5610-1291
FAX:03-5610-1260
E-mail:m-kato@asahi-shoes.co.jp
142号、朝方校正を終え、今朝入稿しました。

142号の特集は以下のとおりです。

特集「膝の動きを診る-正常な動きと異常な動き」

1 膝のゆるみと回旋-screw home movementを中心に
  石井慎一郎・神奈川県立保健福祉大学、理学療法士

2 膝関節不安定性に対する理学療法
  八木茂典・東京西徳洲会病院、理学療法士

3 膝のゆるみと関節モビライゼーション
  小川大輔・目白大学、理学療法士

25日発売予定で、同日、HPで特集の10ページ程度を閲覧可能にしますので、ぜひご覧ください。

レポートとして、関東労災病院スポーツ整形外科30周年の祝賀会、2012Japan Athlete Forum in Osakaの模様をカラー写真とともにお伝えします。

「スポーツと法」では「スポーツの放送と権利」について大橋卓生弁護士にまとめていただきました。

この号も充実しています。お楽しみに!(清家輝文)
クラウド型健康管理サービス「gooからだログ」にて、新たなサービスを開始
――一般消費者向けでは世界初*1のコンティニュア規格対応*2
体組成計と、スマートフォンで連携する仕組みを提供 ~



 NTTレゾナント株式会社(以下:NTTレゾナント)は、クラウド型健康管理サービス「gooからだログ」にて、世界標準規格であるコンティニュア規格対応の体組成計が、パソコンやスマートフォンと連携する新しいサービスを本日より開始いたします。

 このサービス開始に際し、株式会社エー・アンド・デイ(以下:エー・アンド・デイ)は、世界初となる世界標準規格対応・無線機能内蔵の一般消費者向け体組成計を本日より発売いたします。また、シャープ株式会社(以下:シャープ)は、同規格の対応に必要なスマートフォン向けの専用ミドルウェアを提供致します。

 本日から開始される「gooからだログ」のサービスは、世界標準規格であるコンティニュア規格対応・無線機能内蔵の体組成計および血圧計で測定した体重、体脂肪、筋肉量、血圧などの健康データを、パソコンやスマートフォンを介して自動収集し、ネットを使ってクラウドベースで管理できます。

 本サービスを利用するユーザーは、煩わしい操作を行うことなく、体脂肪や筋肉量などのデータを記録し、データの推移をグラフ表示して把握することで、日々の健康の増進や、ダイエットなどに役立てることができます。

 また、専用ミドルウェアの開発により、これまでのパソコンからの利用に加え、スマートフォンからも利用できるようになり、より幅広いユーザーが手軽に健康管理できるようになります。


 NTTレゾナント、エー・アンド・デイ、シャープ各社は、今回発表した仕組みを活用し、今後もユーザーの健康を増進するための新たなサービス開発や他パートナーとの連携など積極的に実施して参ります。

*1 コンティニュア規格対応の体組成計において。エー・アンド・デイ調べ
*2 インテルなどが支援するコンティニュア・ヘルス・アライアンスの策定した規格を採用。

_prw_PI1im_Kgc95sm5.jpg

■「gooからだログ」サービスについて

 エー・アンド・デイが開発した世界初となる一般消費者向けコンティニュア対応の体組成計「UC-411PBT-C」で計測された体重等のデータは、専用のミドルウェアをインストールしたシャープ製のスマートフォンや、コンティニュア規格対応のパソコンを経由してNTTレゾナントが提供するクラウド型健康管理サービス「gooからだログ」に自動的に記録されます。

 「gooからだログ」では、スマートフォンの画面上で管理データがグラフや表などでわかりやすく表示されます。ユーザーはこれら一連の機能を利用することで、日々の体重、体脂肪率などを煩雑な手入力を行うことなくスムーズに記録していくことができます。

 体重や体脂肪率などの数値、及びその変化を把握することで、手軽に日々の健康の促進やダイエットなどの体重管理に役立てることができるようになります。

■必要な機器やIDなど

(1)体組成計 エー・アンド・デイ製 体組成計「UC-411PBT-C」
 ネットワーク対応ウエルネスコネクテッドシリーズ(※)の体組成計UC-411PBT-Cは、測定日時や体重、体脂肪率などの測定値を、パソコンやスマートフォンへワイヤレスで自動的にデータ送信します。毎日使いたくなるスタイリッシュ&エレガントなデザイン、カラーは、白・黒の2種、50g単位の高精度体重計です。

 データ送信は、Bluetooth規格Class1を採用、通信距離は100m(障害のない場所)、時計内蔵でバックアップメモリ最大200回、登録人数5人分と便利な機能付です。

 NTTレゾナントが提供するネット通販サイト「NTT-X Store」にて購入することができます。

 NTT-X Store販売価格 \12,800(税込)

 販売台数目標:1万台(発売後1年)

(※)ウエルネスコネクテッドシリーズとは、日々の生体情報と健康管理サービスの連携により、より役立つサービスの提供を可能とする「人と健康をつなぐ」次世代型健康機器です。詳細な情報は、HPをご覧ください。

 本機器の詳細については、別紙「UC-411PBT-C主な仕様」をご参照ください。

(2)専用ミドルウェア「SHヘルスケアインターフェイス」
 「SHヘルスケアインターフェイス」を、シャープ製スマートフォンにインストールすることで、コンティニュア規格に対応した健康機器の測定データを自動的に収集できます。

 従来のFelicaインターフェイスに加え、コンティニュア規格にも準拠することで、より多くの健康機器とスマートフォンとの連携をサポート致します。また、本ミドルウェアをもとに、今後は他のスマートフォン向け健康サービス・健康アプリケーションの対応も検討して参ります。
 「SHヘルスケアインターフェイス」のダウンロードや、対応機種はHPをご覧ください。

(3)「gooからだログ」
  gooIDの登録(無料)、gooからだログへの登録(無料)、gooからだログコンティニュアアプリのダウンロード
 「gooからだログ」は、約50万人の会員を擁するダイエットの成功や健康管理のために必要な”継続性”を追求する記録型ダイエット.・ヘルスケアコミュニティサービスです。

体重や摂取カロリーや、ウォーキングの距離や睡眠時間など160種類を超える豊富な項目を記録することができ、わかりやすいグラフや、目標・目的ごとに仲間が集うコミュニティ、データの公開機能などを通じて、継続的にダイエットや健康管理に取り組むことができます。

 本サービスの利用には、「goo」トップページから「gooからだログ」にアクセス、または下記URLに直接アクセスし、「新規登録」ボタンをクリックします。登録完了後、「データ転送用アプリ」をパソコンにダウンロードします。


 今回提供するサービスの詳細については、下記「gooからだログ コンティニュア」ページでご参照いただけます。

◎問い合わせ
NTTレゾナント株式会社
広報担当:立石、小原、岩間
TEL:03-6703-6250
E-mail:pr@nttr.co.jp
■第1回トレジャーリングバスケットボール指導者勉強会

トレジャーリングは日本代表やWJBL でプレーした選手たちと彼女たちをサポートしてきたトレーナーで結成されています。私たちは自らの経験をもとに「ケガ予防とスキルアップ」をテーマに子どもたちに身体の上手な使い方やバスケットボールの個人技を指導する活動を行なっています。

クラブチームや部活動など、チームを強化していくなかで、子どもたちのケガに心を悩ませている指導者の方々も多いと思います。ケガをしたまま競技を続ければ痛みや不安感のためパフォーマンスの低下を招くだけでなく、長期間練習を休むことで技術の習得の遅れ、体力やモチベーションの低下を引きおこします。適切な身のこなし(身体操作)をベースとしたファンダメンタルの習得は個人のスキルアップとケガ予防につながります。

そこで今回はケガに対する不安を軽減し、さらにそれを強化につなげていくためには何が必要かをテーマに勉強会を開催します。また、この勉強会では方法論だけをご紹介するのではなく、大人たちが子どもたちの未来のために「今、何をすべきか」を共に考えていきたいと思います。


日時:平成24 年7 月23 日(月)18:30~20:30(開場18:00~)
会場:第5 安田ビル2F 会議室(横浜駅西口より徒歩5 分)
定員:30 名
会費:3000 円(当日徴収)
申込:メール申込info@torerinbbc.com ※ご質問・お問合せもこちらまで。
件名「トレリン指導者勉強会」とし、氏名、学校名(チーム名)、指導歴を記載のこと。
運営:トレジャーリング
スケジュール:
18:00 開場
18:30 講演「チーム・選手の強化~練習は習慣になるまでやり通し、正しく根気よく繰り返せ~」
講師:星澤純一先生(元金沢総合高校女子バスケットボール部監督)
19:30 講演「バスケットボールに多いケガ~成長期を中心に~」
講師:三木英之先生(とつか西口整形外科スポーツ医学センター、JBA 医科学研究部長、
アトランタオリンピック、2011 年世界選手権帯同ドクター)
20:15 トレージャーリング活動紹介
20:30 終了

星澤先生は公立高校でありながら学業と部活動を両立させ全国制覇を成し遂げてこられました。限られた時間とスペースでチーム強化をしていくために必要なことの一つは選手にケガをさせないことと気づかれ、ケガを防ぐために様々な取り組みをしてこられました。今回はそれに気づく過程、その後の具体的な取り組み、そしてそれらの取り組みがケガ予防以外にももたらした効果についてもご紹介いただきます。

スタッフ紹介:
【コーチ】原田裕花(元ジャパンエナジー、アトランタオリンピック出場)、岩屋睦子(旧姓村上、元シャンソン化粧品、アトランタオリンピック出場)、大山妙子(元JOMO、アトランタ・アテネオリンピック出場、JBA 広報部副部長)、岡里明美(元シャンソン化粧品、元富士通監督、アトランタオリンピック出場)、矢代直美(元日本航空、アテネオリンピック出場)、藤生喜代美(元シャンソン化粧品、元ジュニア代表、現早稲田大学)、佐瀬由紀子(元第一勧業銀行、元ジュニア代表、トレーナー兼任)
【トレーナー】津田清美(女子日本代表サポートトレーナー、アトランタオリンピック帯同、JBA 医科学研究部トレーナー委員会)、佐瀬由紀子(女子日本代表サポートトレーナー)、網田房子(元荏原ヴィッキーズトレーナー)
※私たちはJBA の普及活動に協力しています。
142号の特集「膝の動き」で奮闘中です。

石井慎一郎先生には組み上げたものをお送りしました。スクリューホームムーブメントを中心に語って頂きました。

八木茂典先生には、FT関節とPF関節の動きについて、ACL損傷の場合も含め、詳細に語って頂きました。

小川大輔先生には、「膝のゆるみと関節モビライゼーション」というタイトルで、ゆるみに対する徒手療法について、詳細に紹介して頂きます。

月曜入稿を目指していますので、今日、明日、あさってが山です。

ヒヤヒアものですが、なんとか乗り切りたいものです。頑張ります!(清家輝文)
第2回マルハン World Challengers アスリート募集

p01.png
 第1回 World Challengers

株式会社マルハンは、社会貢献活動の一環として、これまでに多くのスポーツ振興・スポーツ支援に関与しながら、雇用という形でのアスリート支援も実行してきました。

そして、「挑戦」というキーワードのもと、日本唯一のアスリート支援策をスタートさせました。

アスリート支援に取り組む「アスリートエール」と協力し、協賛金を要するアスリートを広く募集します。

外部審査員を招聘した「書類審査」を経て、審査通過者による「協賛・最終審査(公開オーディション)」を8月28日(火)に実行。

総額15,000,000円の協賛対象アスリートを決定します。

協賛金を必要とするアスリートで、以下の条件に該当する方を募集致します。

■参加条件
世界に挑戦するアスリート(プロ・アマ・年齢問わず)

●競技レベル=全日本選手権、地方選手権出場レベル
以下のスポンサーメリットを実行できる選手

①競技ウェアや競技用具へ「WCロゴ、マルハンロゴ」を1年間貼示
②ロゴ貼示での宣材写真を撮影し、その使用権を提供
③年間の競技計画表、スポンサーメリット実行計画表、予算計画を提示
④ブログにWCバナーを掲出
⑤ブログにWC関連記事を記載(年間6回)
⑥(株)マルハンのイベントに出演(年間3回程)
⑦facebookにWC関連記事を記載(年間6回)
⑧1年後に報告書を提出
⑨1年後の次回イベント(公開オーディション)に出席

8月27日(月)、28日(火)にウェスティンホテル東京に来訪できる選手
競技団体の規定上、個人協賛を受ける事が可能な選手

【御注意】
 一度、最終審査(公開オーディション)14名(組)に出席した選手は、次回の応募は御控え頂きます(多くのアスリートにチャンスを得て頂く為)。次々回より、再度のエントリーが可能となります。
(例:第1回14名(組)は第2回にエントリーができませんが、第3回に再びエントリーが可能)

■スケジュール

応募受付:2012年4月25日(水)00:00~2012年7月15日(日)00:00
     フォーム記載事項について、「簡易審査」をさせて頂きます。
     簡易審査のポイント=過去戦績・情報発信力・社会性等

書類審査:2012年7月30日(月)00:00  ※本webサイトにて審査通過者を発表
     公開オーディション前に、外部招聘・審査員の評価を交えて、候補者を書類選抜

最終選抜:2012年8月28日(火)
     アスリートの自己PRプレゼンに対し、審査員が選抜 → 選抜者に、協賛金総額15,000,000円を授与
     ウェスティンホテル東京にて公開オーディション開催

■応募方法

7月15日(日)00:00までに、アスリートエールで受付

アスリート支援サイト「アスリートエール」からお申し込み下さい(登録フォームに必要事項記載)。
※アスリートエールで自ページ(自分のPRページ)を開設する事が、World Challengersへのご応募となります。


■アスリートのメリット
「マルハン World Challengers」に選抜されたアスリートには、以下のようなメリットが生まれます。

1. 協賛金の授与
    総額15,000,000円の協賛金を得て、競技資金に活用して頂けます。
※御注意:本件で提供する資金は、寄付金ではなく、過去を表彰する賞金でもなく、今後の1年間に対する協賛金ですので、別途定めるスポンサーメリットを実行して頂きます。

2. (株)マルハンの社内報に選手紹介を掲載

3. (株)マルハンの店舗で、選手個人ポスターを掲載する等、選手の活動拠点地域でのPRを支援

4. (株)スポーツコミュニケーションズ(二宮清純氏)のサイトに、インタビュー記事を掲載

5. 選手PR動画を進呈

6. (株)スポーツゲインの個別アドバイスの受講(資金調達法・ファン開発法・プロ意識等)

【問い合わせ】
マルハン World Challengers運営事務局
東京都港区赤坂4-2-8 カランドリエビル4F 株式会社ギミックインターナショナル内
TEL: 03-3224-0217(受付時間 10:00~18:00)
FAX: 03-3224-0219
E-mail:info@world-challengers.com

142号の特集、取材が終わり、今編集中です。

「膝の動き」をキーワードにすることにしました。

下記、3人の理学療法士の先生に取材。

・石井慎一郎・神奈川県立保健福祉大学
・八木茂典・東京西徳洲会病院
・小川大輔・目白大学

それぞれ視点が異なり、「膝の動き」について、大変興味深い内容になります。
来週月曜入稿で、今頑張っています。

お楽しみに!(清家輝文)
6月8日に本ブログにて紹介しました、下記セミナーにおいて、一部掲載内容に変更のご連絡をいただきましたので、改めてご紹介させていただきます。


SHILAC JAPAN PRESENTS
第2回インターナショナルスポーツメディスンセミナー


サンフランシスコ49ers スポーツメディスン統括責任者兼ヘッドトレーナー ジェフ・ファーガソン氏を講師にお招きし、国際的なスポーツ医学の見識を深めるためのセミナーを開催いたします。

セミナー/7月14日(土)東京国際フォーラムG610会議室 
          東京都千代田区丸の内三丁目6-1(JR有楽町駅より徒歩1分)

     7月15日 (日)まちラボ カレッジ
         大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル4F(JR大阪駅より徒歩5分)

時間/両日ともに14:00~16:00、受付13:30より開始

懇 親 会/7月15日(日)、18:00~20:00
      ホテルモントレ ラ・スール大阪 ※JR京橋駅より徒歩5分

内 容/「プロアスリートのためのトレーニング環境と医療――現状とこれからの課題」
    ・アメリカのプロチームでトレーナーとして最も大事にしていること
                           ※内容は変更になる場合があります。

対象/ドクター、トレーナー、コーチ、選手、本セミナーにご関心のある方

受講料/各会場とも 5,000円、懇親会5,000円

お申し込み方法/株式会社シラック・ジャパンホームページからお申込み下さるか、
①お名前、②所属、③ご連絡先、④参加希望日時と懇親会希望の有無、を明記の上、下記EメールまたはFAXにてお申込み下さい。

問い合わせ/株式会社シラック・ジャパン
TEL:072-466-0090
FAX:072-466-0091
E-mail: info@shilacjp.co.jp
日本体育大学スポーツ医学研究室、発育発達研究室合同シンポジウム

「超高齢社会を支える運動器をつくるには
   ――スポーツの果たす役割」


sinpojiumu.jpg
 世界一の高齢者集団である日本人の健康を支える運動器をつくるには学童期からの運動習慣が重要で、それを指導すべき役割を担う本学の重要性を再認識しようとの意図で行います。

テーマ/[超高齢社会を支える運動器をつくるには――スポーツの果たす役割」

開催日時/6月23日(土)、14:00~16:00

会場/日本体育大学 世田谷キャンパス1201教室(東京都世田谷区深沢7-1-1)

【内容】

問題提起:「ロコモが体育に期待するもの」
中嶋寛之(東京大学名誉教授、日本体育大学名誉教授)

第1部:「発育発達期につくられる運動器と運動習慣」

・「現代学童の運動習慣と体力、運動器」
    具志堅 武(日本体育大学衛生学・公衆衛生学研究室)
・「学童期の運動習慣が青壮年期の運動習慣・運動器に及ぼす影響」
    津山 薫(日本体育大学発育発達研究室)

第2部:「運動習慣と高齢期の運動器機能、健康寿命との関係」

・「青壮年期の運動習慣ははたして健康寿命を延ばすのか?」
    入江一憲(日本体育大学スポーツ医学研究室)
・「地域在住高齢者の運動器機能の現状および関連する諸要因」
    齋藤義信(藤沢市保健医療財団、慶応義塾大学スポーツ医学研究センター)

第3部:「総合討論」
座長:入江一憲、津山 薫

参加費/無料

【問い合わせ】
日本体育大学
スポーツ医学研究室 入江 一憲
TEL&FAX:03-5706-0991
E-mail:irie@nittai.ac.jp

発育発達研究室 津山 薫 
TEL&FAX:045-963-7939
E-mail:tsuyamak@nittai.ac.jp
充実した機能と柔軟なスタイルを兼ね備えた
超音波診断装置Noblus(ノブルス)を発表


_prw_PI1im_EB4cCD46.jpg
 日立アロカメディカル株式会社は、超音波診断装置 Noblus(ノブルス)を発表しました。

 今や超音波診断装置は、医療に必要不可欠なものになり、検査室以外でも活躍するシーンが多くなっています。Noblusはそのようなニーズに応えるために誕生した製品です。

 ノートパソコン型の超音波診断装置本体と、搭載台を組み合わせることで、柔軟なスタイルを実現しています。

 また、Real-time Tissue Elastography*1など機能面も充実しているため、使用シーンだけでなく、臨床領域を選ばず「信頼の検査」を行うことが可能です。

 Noblusの誕生により、「小さな装置は簡易的な検査のために」という認識が覆るかもしれません。充実の機能と柔軟なスタイルを兼ね備えたNoblusが、超音波診断装置の可能性をさらに拡げることでしょう。

 なお、日本国内においては2012年7月から販売活動を予定しています。

【製品の特徴】

充実の機能とクリアな画質
・ 日立独自のエンジンUltra BE*2がクリアな画質を実現しています。

・ Real-time Tissue Elastographyなどの詳細な評価に欠かせない機能を搭載しています。

・ Single Crystal探触子*3に対応し、高感度・広帯域を実現しています。

様々な使用シーンにフィットする柔軟なスタイル

・ 操作パネルを跳ね上げる独特の収納スタイルで、机上に設置していても使用しないと
きは省スペースを実現しています。

・ 搭載台を使用すれば、通常の立位・座位の検査に対応します。

・ バッテリーの搭載・ワイヤレスDICOM対応で、院内回診のために移動する際もスムーズです。

・ モニタを旋回・チルトさせることが可能で、検査者の身体的負担を軽減します。

【用語解説】
*1 Real-time Tissue Elastography: 組織の歪みをリアルタイムに画像化し、硬さの情報を視覚的に提供することができます。乳腺などの腫瘍の良性・悪性の判断の一助となります。

*2 UltraBE: Ultrasound Broadband Engine。超音波に特化したデジタル信号処理回路。超音波診断装置に適した高度なビーム形成と画像処理を実現しています。

*3 Single Crystal探触子: 通常圧電セラミックスが用いられる圧電素子部分に、SingleCrystal(単結晶)を採用した探触子です。

【日立アロカメディカル株式会社について】
  日立アロカメディカル株式会社は、株式会社日立メディコの超音波診断装置事業とアロカ株式会社との事業統合により2011年4月1日に発足し、市場に於いてグローバルシェア第3位の会社となりました(In Medica2010年実績による)。
  日立グループの一員として、人や社会のさらなる安全、安心に貢献するために、“見えないものを見る/変化を照らす” という「illuminate the change」をカタチにした医療機器、計測機器を世界に発信します。

販売名:デジタル超音波診断装置 Noblus
医療機器認証番号: 第224ABBZX00092000号
製造販売元:株式会社日立メディコ

* Real-time Tissue Elastography、UltraBE, UltraBE/Ultrasound Broadband Engineは
株式会社日立メディコの登録商標です。

【製品に関する問い合わせ先】
日立アロカメディカル株式会社
マーケティングコミュニケーション部
担当:葛西、原野
TEL: 0422-45-5991
E-mail:med-sle2@hitachi-aloka.co.jp
142号の特集は、「膝のゆるみと回旋」をテーマに取材中です。

Screw home movement研究の第一人者である石井慎一郎先生には、SHMについて詳細に語って頂きました。計3人の先生に取材して構成の予定です。お楽しみに!

明日は新横浜で「関東労災病院スポーツ整形外科」の創設30周年記念の会を取材。そうそうたる顔ぶれ。40人以上のドクターが集まるそうです。これも楽しみです。(清家輝文)
SHILAC JAPAN PRESENTS
第2回インターナショナルスポーツメディスンセミナー


サンフランシスコ49ers スポーツメディスン統括責任者兼ヘッドトレーナー ジェフ・ファーガソン氏を講師にお招きし、国際的なスポーツ医学の見識を深めるためのセミナーを開催いたします。

セミナー/7月14日(土)東京国際フォーラムG610会議室 
          東京都千代田区丸の内三丁目6-1(JR有楽町駅より徒歩1分)

     7月15日 (日)まちラボ カレッジ
         大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル4F(JR大阪駅より徒歩5分)

時間/両日ともに14:00~16:00、受付13:30より開始

懇 親 会/7月15日(日)、18:00~20:00
      ホテルモントレ ラ・スール大阪 ※JR京橋駅より徒歩5分

内 容/「プロアスリートのためのトレーニング環境と医療――現状とこれからの課題」
    ・アメリカのプロチームでトレーナーとして最も大事にしていること
                           ※内容は変更になる場合があります。

対象/ドクター、トレーナー、コーチ、選手、本セミナーにご関心のある方

受講料/各会場とも 5,000円、懇親会5,000円

お申し込み方法/株式会社シラック・ジャパンホームページからお申込み下さるか、
①お名前、②所属、③ご連絡先、④参加希望日時と懇親会希望の有無、を明記の上、下記EメールまたはFAXにてお申込み下さい。

問い合わせ/株式会社シラック・ジャパン
TEL:072-466-0090
FAX:072-466-0091
E-mail: info@shilacjp.co.jp
 女子バレーがオリンピック出場を決めましたね。おめでとうございます。

 女子バスケは今月末にオリンピック予選です。頑張れ隼ジャパン ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ

 そして陸上も今週金曜日から日本選手権が始まります。オリンピックに出場できるかどうか。ここが正念場。前回の北京オリンピックが終わってからの日々はすべてロンドンオリンピックのためと言っても過言ではないと思います。
 
 私自身、川本先生の「一緒にオリンピックを目指そう」という一言で(チームのトレーナーになる)心が決まった言っても過言(本日2回目)ではない。

 ということで、私にとっても今年の日本選手権は特別。とはいえ、戦うのは選手なので私は後ろから見守るしかない。別になす術がないということではなく、最後の仕上をちょっと手伝ったら、あとは彼女たちの力次第。運次第。ということ。

 稲盛和夫氏が部下に「神に祈ったか」という言葉をかけた。その意味は簡単に言うと、

 「あとは神に祈るしかないほど、やれるだけのことをやったのか」 ということだそうだ。

 私たちもあれやこれやと「いいと思われること」をやってきた。ただ闇雲になんでもやるわけではなく、しっかりとした練習の積み重ねという土台であるからできることであるのは間違いない。

 写真は、女子400mH日本記録保持者の久保倉選手。A標準突破済み。日本選手権の走りでオリンピックが決まります。目線の先は・・・。


IMG_20120215_105600.jpg

津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)
関東労災病院スポーツ整形外科が誕生したのは1980年。日本で最初のスポーツ整形外科です。初代部長が中嶋寛之先生。

2011年にその満30年を記念する会が開催される予定だったのですが、東日本大震災で延期になりました。そして、今月10日、新横浜のホテルで改めて30周年の記念式典が開催されます。

関連するドクターが多数参加されるとのこと。本誌では、その模様を次号でお知らせします。(清家輝文)
『ホノルルセンチュリーライド2012ツアー』発売
――今年も今中大介さん、絹代さん、そして鶴見辰吾さんと走ろう! 

 トップツアー株式会社(本社:東京都目黒区、社長:石川邦大)は、9月30日(現地時間)ホノルルで開催されるサイクルスポーツの人気イベント「ホノルルセンチュリーライド2012」に参加する「ホノルルセンチュリーライド2012ツアー」の発売を開始いたしましたのでお知らせいたします。

■今中大介さん、絹代さん、鶴見辰吾さんと走る
 このツアーには欠かせないオフィシャルアドバイザーの「今中大介」さん、数々のサイクルイベントのMCとして人気の「絹代」さんはもちろん、さらにサイクルスポーツの分野で“2代目自転車名人”としても活躍する俳優の「鶴見辰吾」さんもスペシャルゲストとしてツアー参加の皆さんといっしょにハワイの最高のロケーションを駆け抜けます。

■トップツアーなら準備段階から完全サポート!
 当社の各種ツアーの中でもリピーター率No.1を誇るのがこのツアー。10年間にわたりホノルルセンチュリーライドツアーを実施してきた経験と実績を活かしたきめ細かいサービスとサポート体制がお客様に喜ばれており、このツアーでお知り合いになった仲間の輪がどんどん広がっています。

 出発前には今中さん、絹代さんの『走り方講座(無料)』、現地でオプショナルツアーとして大会前日に行う『プラクティスライド』、『大会コース下見バス』、さらに『お客様専任メカニック』、大会中の『専用サポートカー』、初心者の方の走りを中心にサポートする『サポートスタッフ』など、より『安心』と『快適』にこだわった充実した内容で、サイクリストの皆さまが大会をお楽しみいただけるお手伝いを致します。

 また、感動と興奮が冷めやらない大会当日の夜は『思い出を語り合う後夜祭ディナーパーティー(オプション)』を開催します。今中さん、絹代さん、鶴見さんと一緒に撮りたての写真を見ながらもう一度大会の余韻に浸り、参加者の皆さんと大いに語り合いましょう。

さらに“もっと走りたい!”というご要望にもお応えしてプラクティスライドに【上級者向けコース】や大会翌日に【モーニングライトツアー】もオプションとして設定!ハワイの極上の走りを心ゆくまで満喫いただけます。

 ツアーの詳細についてはトップツアーの専用ホームページをご覧ください。

出発は東京・名古屋・大阪よりツアー代金は、
日本航空利用/東京(成田)発5日間で¥119,800より(2名1室利用時の大人1名料金)。

募集人員は300名。

 リピーターの方にはもうすっかりお馴染みかもしれませんが当社スタッフは自転車が趣味の社員ばかり。一人でも多くのお客様にこの大会の素晴らしさをご紹介しようと毎年努力しています。ハワイの美しい海、青い空の下で澄んだ風を切って颯爽と走るのはサイクリストとしては憧れの体験ではないでしょうか?

 ベテランの方も初心者の方もサポート体制万全のトップツアー「ホノルルセンチュリーライド2012ツアー」に是非ご参加ください。

【問い合わせ先】
トップツアー株式会社 経営企画負部 広報担当:橘田・桑澤・芦澤
TEL:03-5704-3777
FAX:03-5704-3774
Email:koho@toptour.co.jp
昨日、大阪国際会議場で開催された「2012ジャパン・アスリート・フォーラムin大阪」に行って来ました。月曜の午後というなかなか参加しにくい日程ですが、大勢が集まり、最後の交流会は、300人くらいいたのではないかという大盛況。

王さん、柳本さん、宇津木さん、平尾さん、朝原さん始め多数のトップアスリートが集まり、熱のこもった議論を展開。この模様は、次号で紹介します。

また次号の特集は「膝の動き―screw home movementを中心にー」と考えています。詳細は、追ってお知らせします。(清家輝文)
 今月の食材はなんと「文旦(ぼんたん)」。九州、特に鹿児島の人には馴染み深い。その前に、あのタニカワ(タニガワではなく)俊太郎さんの「ことばあそびうた」が登場します。味わいが文旦に似ているかも。

ことばあそびうた
(文・料理/大仁浩子・「もも家」店主、イラスト/横江節子・神戸市垂水区在住)

CCF20120602_00000.jpg

 さて、詩の感想文の宿題を思い出したついでに、娘にも「そんな宿題を出された覚えがあるかな」と聞いてみた。「あった、あったよ」と言う。そして、すらすらと暗誦しはじめた。それは谷川俊太郎の詩集『ことばあそびうた』からの二篇の詩。

 ひとつは、「はなののののはな」

 はなののののはな
 はなのななあに
 なずななのはな
 なもないのばな

 この宿題は、“漢字あてはめクイズ”だったらしい。平仮名を漢字に変えて暗誦してくるというもの。つまり「はなののののはな…」は、「花野の野の花 花の名なあに なずな菜の花 名もない野花」となる。

 ちょうどその頃、私達は、夫の転勤先の郊外で暮らしていた。社宅は、広大な田畑の中に建っている五階建てのアパート。春には、菜の花のあざやかな黄色がどこまでも続いていた。娘は、ベランダの柵越しに菜の花を見ながら大きな声で暗記したのだった。やがて、その「なのはな」は娘の原風景となった。

 「世界で一番好きな花は菜の花」という素朴で飾り気のない娘に成長し、パソコンのハンドルネームにも「nanohana」が登場している。

 そして、もう一篇は「いるか」。

 いるか いるか
 いないか いるか
 いないいない いるか
 いつなら いるか
 よるなら いるか
 またきてみるか

 いるか いないか
 いないか いるか
 いるいる いるか
 いっぱい いるか
 ねている いるか
 ゆめみて いるか

 この宿題は、「さて、この詩の中に水族館で見かけるイルカは何頭でてくるでしょう」という数字クイズ。この詩からは、「ことばあそびうた」のタイトルにふさわしく、水族館の「イルカ」と動詞の「居るか」が綯交ぜになっていて、日本語の掛詞の面白さ、楽しさが伝わってくる。娘は、一度読んだきりで「イルカは9頭」と即答。一連目に4頭、二連目で5頭と言う。

 「そうかなあ」と私。「(居るか、居ないか、居ないか、居るか)で始めると、一連目にはイルカは現れてこないけどなあ」と言うと、「そんなのヘンや。イルカは泳いでいるもん」と、すでに娘の頭の中には「イルカは、グングン泳いでいる」ということだった。この詞の「イルカ」と「居るか」は、読み込めば読み込むほど限りなく変換し、揺れていく。しかし、娘の「グングン泳ぐイルカ」の想像力の前には、掛詞も、まして何頭いるかなど、数ももうどうでもよいことに思えてくる。

 答案用紙には、「イルカは9頭です」と、エンピツで書かれていた。

 娘と詩の思い出話をしていると、谷川俊太郎氏があるインタビューに答えておられる記事が目にとまった。それは、試作の姿勢について「ほとんどの詩人が自己表現にこだわり、自分の感じ方、考え方を押し出すのが詩だと思っている。僕は、あまりそういうところがなくて、詩を読む人や聞く人を楽しませてあげたいというのが先にある」と、語っておられた。

 「詩を楽しんで」という想いは、この二篇からも十分に伝わってくる。娘は、小学生の時代に、この詩に出会い、言葉の不思議さに気づいた、と言う。詩は不思議だ。心の奥にしまいこまれた、その言葉は、時々ふっと日常の暮らしに立ち上ってくる。そして、その言葉には羽でもはえているように、一瞬にして、想像の世界へと、飛び立たせてくれる。

 「数ある宿題のなかでも、詩の宿題はよく覚えているわ」と娘は楽しげに言った。「言葉で遊べるなんて、何て幸せなこと」と私は言った。

 その日、母娘は「ことばあそびうた」で言葉遊びを楽しみ、菜の花畑の道を、どこまでもどこまでも、歩き続けたことを思い出していた。

*相楽園
神戸で初夏の庭を楽しむなら、相楽園をおすすめします。この庭は、池泉回遊式の日本庭園。つつじやさつきの花の名所です。池に移築された「川御座船の船屋形」は重要文化財。
神戸市立相楽園:神戸市中央区中山手通5-3-1
TEL.078-351-5155


「もも家」のフードレシピ

文旦のゼリー

CCF20120602_00001.jpg 3月にさしあげた、イカナゴのくぎ煮の御礼にと見事な文旦が届きました。

 さっそく、黄色の厚い皮をむいて、口に。サクサクした果肉は香り高く、上品な酸味と甘味のバランスが初夏にふさわしい果物です。

 友人に「ありがとう。大好物なのよ」と電話すると「果肉もおいしいけど、皮も捨てないで、食べてね」とのお返事。それで、今月は試行錯誤の末にたどり着いた「文旦の皮のゼリー」のレシピをお届けします。







 材料
文旦 3個(1個400~500g)
レモン 1個
白砂糖 皮の分割の7割(約700g)
グラニュー糖 適宣


 作り方
CCF20120602_00002.jpg①文旦は、表皮をごく薄くむきます。

②4つ割にして、果肉だけをはずします。
 このとき、なるべくしろいスポンジ状の部分を残します。この部分がゼリーになります。はずした果肉は……食べます!
 さらに縦割りにして(つまり1/8の細さ)4つに切り分けます。

③大鍋に熱湯を用意し、③の皮を入れ、浮かせないように木杓子で沈めながら、再沸騰させ、ふきこぼれないよう1分ゆでる。
 ザルにとり、冷水で10分さらす。
 この熱湯で1分、冷水10分を3回繰り返しアクと苦味をとる。
 その後、一晩水にさらしておく。

④ザルにとり、水気をざっと絞り、総量を計り、その量の7割の砂糖を用意する。

CCF20120602_00003.jpg⑤セラミックコーティングの深鍋に④を入れ1/3量の砂糖で煮る。煮詰まらないよう、底から杓子で大きく返しながら煮る。
 水気がなくなれば、次の1/3の砂糖を入れ、煮詰まって、アメ状に砂糖がからんできたら残りの1/3の砂糖を入れる。

⑥レモンの皮をおろし金ですりおろし、果汁1/2個分も振りかけて香りづけする。
 この頃になると、文旦の皮は半透明のゼリーに変身していきます。

⑦粗熱をとり、表面がやや乾いてきたら。グラニュー糖でお化粧し、くっつかないように、紙の上で並べ、自然乾燥させます。

 できあがりをおみせできないのが残念ですが、ほろ苦い甘さと、やわらかな食感のゼリー。

 口に入れた友人たちが、「文旦の果汁とゼラチンでつくったの?」と問いますが、「いえいえ、文旦の皮だけ」と答えると、2度ビックリの文旦ゼリー。

 文旦は高級な果物ですが、店頭でみかけたら是非、文旦ゼリーお試し下さい。

 皮も身も全部おいしくて、とってもエコな今時の果物です。

 それでは、また次回お目にかかります。


編集部より:大仁さんのフードレシピについては、このサイトで多数見ることができます。また、この記事の著作権は大仁浩子さんに帰属し、イラストの著作権は横江節子さんに帰属します。著作権の侵害にご注意ください。

〔もも家〕
TEL:078-391-2466
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-7-20 前川ビル2F
(三宮駅の北、徒歩5分)



5月のトータルアクセスは7,484、ユニークアクセスは5,059でした。ゴールデンウィークがあったから、ちょっと少なめですが、ユニークアクセスは5,000以上を維持できました。ありがとうございます。

最近は少しアクセスが増えているようです。掲載記事を希望される方は、右のメールフォームから、あるいは直接お電話ください(03-6479-4190)。(清家輝文)
■第4回日本スポーツ産業学会セミナー

この度、日本スポーツ産業学会では、「エージェント団野村氏が語るプロ野球の未来」と題したセミナーを
下記の通り開催することになりましたのでお知らせいたします。

今回のセミナーは、メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)公認代理人の団野村氏をお迎えして、対話形式でお話をうかがいます。日本におけるスポーツ・エージェントのパイオニアから、メジャーリーグに移籍したダルビッシュ有投手の契約交渉の舞台裏、ポスティング制度の問題点、日本のプロ野球界発展のための未来像などについてお聞きします。非会員の方も参加可能ですので、関係者にお声かけいただければ幸いです。

                       記

■主催:日本スポーツ産業学会

■日時:2012年6月28日(木)19:00~20:30(18:30受付開始)

■会場:早稲田大学早稲田キャンパス14号館403教室
   〒169-8050新宿区西早稲田1-6-1(東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分)
    http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

■テーマ:「エージェント団野村氏が語るプロ野球の未来」

■講 師:団 野村氏(KDN MANAGEMENT Inc.代表取締役)

■聞き手:原田尚幸(和光大学経済経営学部教授)

■資料費:一般2,000円、学会員・学生1,000円
 ※当日会場にてお支払いください。

■申込方法:日本スポーツ産業学会学会ホームページ
      下記の「★最新情報 募集中のイベント」よりお申込みください。
      http://www.spo-sun.gr.jp/seminar20120628/

■お問い合わせ:
日本スポーツ産業学会事務局
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6能楽書林ビル6F
TEL.03-5276-0141
FAX.03-5276-0288
E-mail.jssi@wa2.so-net.ne.jp