FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

5月のトータルアクセスは7,484、ユニークアクセスは5,059でした。ゴールデンウィークがあったから、ちょっと少なめですが、ユニークアクセスは5,000以上を維持できました。ありがとうございます。

最近は少しアクセスが増えているようです。掲載記事を希望される方は、右のメールフォームから、あるいは直接お電話ください(03-6479-4190)。(清家輝文)
スポンサーサイト



■第4回日本スポーツ産業学会セミナー

この度、日本スポーツ産業学会では、「エージェント団野村氏が語るプロ野球の未来」と題したセミナーを
下記の通り開催することになりましたのでお知らせいたします。

今回のセミナーは、メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)公認代理人の団野村氏をお迎えして、対話形式でお話をうかがいます。日本におけるスポーツ・エージェントのパイオニアから、メジャーリーグに移籍したダルビッシュ有投手の契約交渉の舞台裏、ポスティング制度の問題点、日本のプロ野球界発展のための未来像などについてお聞きします。非会員の方も参加可能ですので、関係者にお声かけいただければ幸いです。

                       記

■主催:日本スポーツ産業学会

■日時:2012年6月28日(木)19:00~20:30(18:30受付開始)

■会場:早稲田大学早稲田キャンパス14号館403教室
   〒169-8050新宿区西早稲田1-6-1(東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分)
    http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

■テーマ:「エージェント団野村氏が語るプロ野球の未来」

■講 師:団 野村氏(KDN MANAGEMENT Inc.代表取締役)

■聞き手:原田尚幸(和光大学経済経営学部教授)

■資料費:一般2,000円、学会員・学生1,000円
 ※当日会場にてお支払いください。

■申込方法:日本スポーツ産業学会学会ホームページ
      下記の「★最新情報 募集中のイベント」よりお申込みください。
      http://www.spo-sun.gr.jp/seminar20120628/

■お問い合わせ:
日本スポーツ産業学会事務局
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6能楽書林ビル6F
TEL.03-5276-0141
FAX.03-5276-0288
E-mail.jssi@wa2.so-net.ne.jp