FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

 女子バレーがオリンピック出場を決めましたね。おめでとうございます。

 女子バスケは今月末にオリンピック予選です。頑張れ隼ジャパン ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ

 そして陸上も今週金曜日から日本選手権が始まります。オリンピックに出場できるかどうか。ここが正念場。前回の北京オリンピックが終わってからの日々はすべてロンドンオリンピックのためと言っても過言ではないと思います。
 
 私自身、川本先生の「一緒にオリンピックを目指そう」という一言で(チームのトレーナーになる)心が決まった言っても過言(本日2回目)ではない。

 ということで、私にとっても今年の日本選手権は特別。とはいえ、戦うのは選手なので私は後ろから見守るしかない。別になす術がないということではなく、最後の仕上をちょっと手伝ったら、あとは彼女たちの力次第。運次第。ということ。

 稲盛和夫氏が部下に「神に祈ったか」という言葉をかけた。その意味は簡単に言うと、

 「あとは神に祈るしかないほど、やれるだけのことをやったのか」 ということだそうだ。

 私たちもあれやこれやと「いいと思われること」をやってきた。ただ闇雲になんでもやるわけではなく、しっかりとした練習の積み重ねという土台であるからできることであるのは間違いない。

 写真は、女子400mH日本記録保持者の久保倉選手。A標準突破済み。日本選手権の走りでオリンピックが決まります。目線の先は・・・。


IMG_20120215_105600.jpg

津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)
スポンサーサイト