FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


6月8日に本ブログにて紹介しました、下記セミナーにおいて、一部掲載内容に変更のご連絡をいただきましたので、改めてご紹介させていただきます。


SHILAC JAPAN PRESENTS
第2回インターナショナルスポーツメディスンセミナー


サンフランシスコ49ers スポーツメディスン統括責任者兼ヘッドトレーナー ジェフ・ファーガソン氏を講師にお招きし、国際的なスポーツ医学の見識を深めるためのセミナーを開催いたします。

セミナー/7月14日(土)東京国際フォーラムG610会議室 
          東京都千代田区丸の内三丁目6-1(JR有楽町駅より徒歩1分)

     7月15日 (日)まちラボ カレッジ
         大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル4F(JR大阪駅より徒歩5分)

時間/両日ともに14:00~16:00、受付13:30より開始

懇 親 会/7月15日(日)、18:00~20:00
      ホテルモントレ ラ・スール大阪 ※JR京橋駅より徒歩5分

内 容/「プロアスリートのためのトレーニング環境と医療――現状とこれからの課題」
    ・アメリカのプロチームでトレーナーとして最も大事にしていること
                           ※内容は変更になる場合があります。

対象/ドクター、トレーナー、コーチ、選手、本セミナーにご関心のある方

受講料/各会場とも 5,000円、懇親会5,000円

お申し込み方法/株式会社シラック・ジャパンホームページからお申込み下さるか、
①お名前、②所属、③ご連絡先、④参加希望日時と懇親会希望の有無、を明記の上、下記EメールまたはFAXにてお申込み下さい。

問い合わせ/株式会社シラック・ジャパン
TEL:072-466-0090
FAX:072-466-0091
E-mail: info@shilacjp.co.jp
スポンサーサイト



日本体育大学スポーツ医学研究室、発育発達研究室合同シンポジウム

「超高齢社会を支える運動器をつくるには
   ――スポーツの果たす役割」


sinpojiumu.jpg
 世界一の高齢者集団である日本人の健康を支える運動器をつくるには学童期からの運動習慣が重要で、それを指導すべき役割を担う本学の重要性を再認識しようとの意図で行います。

テーマ/[超高齢社会を支える運動器をつくるには――スポーツの果たす役割」

開催日時/6月23日(土)、14:00~16:00

会場/日本体育大学 世田谷キャンパス1201教室(東京都世田谷区深沢7-1-1)

【内容】

問題提起:「ロコモが体育に期待するもの」
中嶋寛之(東京大学名誉教授、日本体育大学名誉教授)

第1部:「発育発達期につくられる運動器と運動習慣」

・「現代学童の運動習慣と体力、運動器」
    具志堅 武(日本体育大学衛生学・公衆衛生学研究室)
・「学童期の運動習慣が青壮年期の運動習慣・運動器に及ぼす影響」
    津山 薫(日本体育大学発育発達研究室)

第2部:「運動習慣と高齢期の運動器機能、健康寿命との関係」

・「青壮年期の運動習慣ははたして健康寿命を延ばすのか?」
    入江一憲(日本体育大学スポーツ医学研究室)
・「地域在住高齢者の運動器機能の現状および関連する諸要因」
    齋藤義信(藤沢市保健医療財団、慶応義塾大学スポーツ医学研究センター)

第3部:「総合討論」
座長:入江一憲、津山 薫

参加費/無料

【問い合わせ】
日本体育大学
スポーツ医学研究室 入江 一憲
TEL&FAX:03-5706-0991
E-mail:irie@nittai.ac.jp

発育発達研究室 津山 薫 
TEL&FAX:045-963-7939
E-mail:tsuyamak@nittai.ac.jp