FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■第1回トレジャーリングバスケットボール指導者勉強会

トレジャーリングは日本代表やWJBL でプレーした選手たちと彼女たちをサポートしてきたトレーナーで結成されています。私たちは自らの経験をもとに「ケガ予防とスキルアップ」をテーマに子どもたちに身体の上手な使い方やバスケットボールの個人技を指導する活動を行なっています。

クラブチームや部活動など、チームを強化していくなかで、子どもたちのケガに心を悩ませている指導者の方々も多いと思います。ケガをしたまま競技を続ければ痛みや不安感のためパフォーマンスの低下を招くだけでなく、長期間練習を休むことで技術の習得の遅れ、体力やモチベーションの低下を引きおこします。適切な身のこなし(身体操作)をベースとしたファンダメンタルの習得は個人のスキルアップとケガ予防につながります。

そこで今回はケガに対する不安を軽減し、さらにそれを強化につなげていくためには何が必要かをテーマに勉強会を開催します。また、この勉強会では方法論だけをご紹介するのではなく、大人たちが子どもたちの未来のために「今、何をすべきか」を共に考えていきたいと思います。


日時:平成24 年7 月23 日(月)18:30~20:30(開場18:00~)
会場:第5 安田ビル2F 会議室(横浜駅西口より徒歩5 分)
定員:30 名
会費:3000 円(当日徴収)
申込:メール申込info@torerinbbc.com ※ご質問・お問合せもこちらまで。
件名「トレリン指導者勉強会」とし、氏名、学校名(チーム名)、指導歴を記載のこと。
運営:トレジャーリング
スケジュール:
18:00 開場
18:30 講演「チーム・選手の強化~練習は習慣になるまでやり通し、正しく根気よく繰り返せ~」
講師:星澤純一先生(元金沢総合高校女子バスケットボール部監督)
19:30 講演「バスケットボールに多いケガ~成長期を中心に~」
講師:三木英之先生(とつか西口整形外科スポーツ医学センター、JBA 医科学研究部長、
アトランタオリンピック、2011 年世界選手権帯同ドクター)
20:15 トレージャーリング活動紹介
20:30 終了

星澤先生は公立高校でありながら学業と部活動を両立させ全国制覇を成し遂げてこられました。限られた時間とスペースでチーム強化をしていくために必要なことの一つは選手にケガをさせないことと気づかれ、ケガを防ぐために様々な取り組みをしてこられました。今回はそれに気づく過程、その後の具体的な取り組み、そしてそれらの取り組みがケガ予防以外にももたらした効果についてもご紹介いただきます。

スタッフ紹介:
【コーチ】原田裕花(元ジャパンエナジー、アトランタオリンピック出場)、岩屋睦子(旧姓村上、元シャンソン化粧品、アトランタオリンピック出場)、大山妙子(元JOMO、アトランタ・アテネオリンピック出場、JBA 広報部副部長)、岡里明美(元シャンソン化粧品、元富士通監督、アトランタオリンピック出場)、矢代直美(元日本航空、アテネオリンピック出場)、藤生喜代美(元シャンソン化粧品、元ジュニア代表、現早稲田大学)、佐瀬由紀子(元第一勧業銀行、元ジュニア代表、トレーナー兼任)
【トレーナー】津田清美(女子日本代表サポートトレーナー、アトランタオリンピック帯同、JBA 医科学研究部トレーナー委員会)、佐瀬由紀子(女子日本代表サポートトレーナー)、網田房子(元荏原ヴィッキーズトレーナー)
※私たちはJBA の普及活動に協力しています。
スポンサーサイト