FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


本誌特集に登場していただいた高橋周先生が、仙台市宮城野区でこの夏開業されます。JR仙石線「小鶴新田」駅が最寄り駅。「東あおば整形外科」という名称に決まったそうです。

現在、理学療法士、看護師、アスレティックトレーナーをハローワークで募集されています。エコーをフルに活用したクリニックになるとのことです。詳細は、下記ブログ参照。

先生のブログで開業までを紹介されています。関心の有る方はぜひご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト



北九州運動器理学療法研究会

――超音波装置を用いた肩・膝関節の機能解剖と運動療法展開


日 時/9月15日(土)、9:00~16:00(予定)

場 所/済生会八幡総合病院9階講義室(北九州市八幡東区春の町5丁目9-272)

内 容/講師により超音波装置の操作を実際に行っていただきながら、肩・膝関節の機能解剖を解説していただく。また症例などの超音波画像所見を提示していただく。そのような所見から運動療法の展開について、デモンストレーションを交えながら述べていただく。

講 師/林 典雄先生(中部学院大学理学療法学科教授)

参加費/8,000円

定 員/50名 *定員になり次第締め切らせていただきます。

お申し込み方法/sportsskillup@yahoo.co.jpにメールで申し込みください。
①氏名、②職種、③所属先、④経験年数、⑤緊急連絡先(携帯番号)、⑥領収書の有無を明記ください。

 申し込みメール確認後、お振込先のご連絡をメールで差し上げます。

 参加費のお振込み確認をもって受講可能とさせていただきます。メールでの申し込み後ならびにお振込み後2週間以内にこちらからの連絡が届いていない場合は、大変申し訳ありませんが、再度上記アドレスまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。

その他/座学中心となりますが、念のため服装は膝や肩が露出しやすいことを念頭に準備をお願いします。
    昼食は各自でご準備をお願いいたします。近くにコンビニもあります。
    駐車場は、当院専用の立体駐車場をご利用ください。


問い合わせ/北九州運動器理学療法研究会
E-mail:sportsskillup@yahoo.co.jp