FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

143号の特集の取材で、名古屋のスポーツ医・科学研究所の岡戸先生に取材したあと、近くにある日本福祉大学に行き、小林寛和先生の案内で構内を見てきました。

写真は、Viconのスタジオ。この左側では授業が行われていました。

最近訪れる大学の医療系、特に理学療法学の部屋では、どこの大学でもこうしたViconをはじめ動作解析ができる装置がみられます。

学生さんの研究内容の一部も拝見してきましたが、こうしたデジタルの装置を使った研究は今後どんどん進んでいくことでしょう。その先に何があるのか、それもまた楽しみです。(清家輝文)

DSC_0238.jpg
スポンサーサイト