FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

143号の特集の取材で、名古屋のスポーツ医・科学研究所の岡戸先生に取材したあと、近くにある日本福祉大学に行き、小林寛和先生の案内で構内を見てきました。

写真は、Viconのスタジオ。この左側では授業が行われていました。

最近訪れる大学の医療系、特に理学療法学の部屋では、どこの大学でもこうしたViconをはじめ動作解析ができる装置がみられます。

学生さんの研究内容の一部も拝見してきましたが、こうしたデジタルの装置を使った研究は今後どんどん進んでいくことでしょう。その先に何があるのか、それもまた楽しみです。(清家輝文)

DSC_0238.jpg
スポンサーサイト