FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今月出る143号の特集は「足関節捻挫-治療とリハのポイント」(仮題)です。

主な内容は以下のとおりです。順番は未確定です。お楽しみに!(清家輝文)

1 斎藤明義先生 足関節捻挫2~3度の固定肢位(背屈5~10度+軽度外返し)の重要性と根拠など

2 大工谷新一先生 足関節捻挫後の背屈制限が問題になるが、「外転」すると教科書に記されているものの、必ずしもそうではない。また正常な動きを制限する要素について、6つのポイント(部位)で解説

3 岡戸敦男先生 リハビリにおける「ランニング開始時」の痛みについて。捻挫後だからしょうがないと見過ごされがちなランニング時の接地や習慣化されたフォームなどの問題。

4 玉置龍也先生 横浜市スポーツ医科学センターにおける足関節捻挫のリハビリプログラムについて
スポンサーサイト