FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今月出る143号の特集は「足関節捻挫-治療とリハのポイント」(仮題)です。

主な内容は以下のとおりです。順番は未確定です。お楽しみに!(清家輝文)

1 斎藤明義先生 足関節捻挫2~3度の固定肢位(背屈5~10度+軽度外返し)の重要性と根拠など

2 大工谷新一先生 足関節捻挫後の背屈制限が問題になるが、「外転」すると教科書に記されているものの、必ずしもそうではない。また正常な動きを制限する要素について、6つのポイント(部位)で解説

3 岡戸敦男先生 リハビリにおける「ランニング開始時」の痛みについて。捻挫後だからしょうがないと見過ごされがちなランニング時の接地や習慣化されたフォームなどの問題。

4 玉置龍也先生 横浜市スポーツ医科学センターにおける足関節捻挫のリハビリプログラムについて
スポンサーサイト