FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

143号の特集「足関節捻挫」は、当初思った以上に、新鮮な話題を提供していただきました。

足関節捻挫は前十字靭帯損傷と同じくらい、スポーツ医学発展のキーになった疾患だと思います。

この仕事を始めたときの問題意識を改めて感じた取材でした。

4人の先生の原稿、すでにまとまっていますが、あとは校正です。

発売日が決まったらお知らせしますが、26日が有力です。

あと少し、頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト