FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

東京都スポーツ医・科学サポート事業
サポートする側と受ける側
――高校生アスリート育成の新たな挑戦


平成24年度第5回医科学講習会広告チラシ(PD)_高橋 ロンドンオリンピックでは、史上最多38個のメダルを獲得した。選手の支えとしてスポーツ医・科学サポートがあったことはメディアで報じられている通りである。

 高校生アスリートを対象とした東京都スポーツ医・科学サポート事業がスタートして今年で4年目。日本で初めて施設を持たずに大学が連携してサポートを行うといった方法で進められている。その実績は全国大会出場者数で見ると右方上がりである。サポート選手の中にはアジア大会、世界大会に出場する選手も出はじめている。

 そこで、サポートする側である大学スタッフと、サポートを受ける側である競技団体指導者をお招きし、サポートの有効性、課題、今後に期待すること、ジュニア選手をサポートする意義などについてディスカッションしていただく。

日程/11月6日(火)

時間/午後6時受付開始 午後6時45分~8時45分

会場/京王プラザホテル新宿 コンコードA 5F

コーディネーター/平野裕一(国立スポーツ科学センター)

パネラー/
する側:佐藤耕平 ( 日本女子体育大学 )
    田中重陽 ( 国士舘大学 )
    柏木 悠(日本体育大学)

受ける側:藤野 強 (東京都カヌー協会 )
     奥山恵二( 自由ヶ丘学園高校レスリング部顧問)
     有坂好司 (國學院久我山高校陸上競技部顧問 )

対象/指導者・選手・関係者等

定員/先着150名

申し込み方法/下記ファックスまたはインターネットよりお申込みいただけます。

なお、E-mailにてお申し込みの場合は、講習会名と開催日を表記し、下記の該当する項目の必要事項を記入し、もうし込む。

【指導者(監督・コーチ)】
氏名、性別、競技種目、年代(例:20代)、住所、連絡先電話・FAX番号、所属先(学校名など)、携帯かPCのメールアドレス

【保護者】
氏名、性別、選手名と性別(保護者のみで参加の場合はお子様の名前を記入)、競技種目、年代(例:20代)、住所、連絡先電話・FAX番号、携帯かPCのメールアドレス

【選手・その他】
氏名、性別、競技種目、年齢、住所、連絡先電話・FAX番号、携帯かPCのメールアドレス、所属先(学校名など)

問い合わせ/(公財)東京都スポーツ文化事業団 競技力向上事業
担当:高橋
FAX:03-5322-6053
E-mail:tokyo-sss@tef.or.jp



スポンサーサイト