FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


144号の特集、「足のアーチ」をテーマに、今日は、内田俊一先生と渡會公治先生に取材してきました。

内田先生には靴やインソール(オーソティクス)との関係の話がメインですが、多くの人が適切な靴を履いていないという指摘、つまり長さしか気にせず、幅は広めの人が多いとのことでした。荷重位と非荷重位では足の大きさは当然異なりますが、どちらのサイズで靴を選ぶべきか。なんと、非荷重位のほうがよいようです。

ランニングシューズとウォーキングシューズでは同じサイズ(たとえば24センチという表示)でも、実際の靴の長さは違うという話も興味深かったですね。

渡會先生には、足のアーチに関して、ヒト特有のアーチ、ドーム型のアーチ、長腓骨筋腱の絶妙な配置、アーチの運動など、面白い話がどんどん出てきました。

あとお二人は理学療法士に登場していただく予定です。

またこのブログでお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト