FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今、次号144号の特集で内田俊彦先生のお話をほぼまとめたところ。

内田先生は、靴医学会の会長を務められますが、無料市民公開講座では子どもの靴について講演もあります。詳細は、このブログの9月9日の記事をご覧ください。

足の痛みを訴える人はほとんどが本来のサイズより大きめの靴を履いているそうです。本来のもっと細い靴を履くと、みな「気持ちがいい」と言うそうです。自分の靴のサイズ、どうですか?

詳細は、次号特集をご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト