FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今、次号144号の特集で内田俊彦先生のお話をほぼまとめたところ。

内田先生は、靴医学会の会長を務められますが、無料市民公開講座では子どもの靴について講演もあります。詳細は、このブログの9月9日の記事をご覧ください。

足の痛みを訴える人はほとんどが本来のサイズより大きめの靴を履いているそうです。本来のもっと細い靴を履くと、みな「気持ちがいい」と言うそうです。自分の靴のサイズ、どうですか?

詳細は、次号特集をご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト