FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


本日、144号を入稿しました。

特集は「足のアーチ-運動学、機能解剖、整形外科、靴の視点から」で、以下の4人の先生に登場していただきます。

1 足のアーチを語る-スポーツ整形外科の立場から
  渡會公治・帝京平成大学、整形外科医

2 足と足のアーチと靴の関係
  内田俊彦・NPO法人オーソティックスソサエティー、整形外科医

3 足部からみたスポーツパフォーマンスへのアプローチ
  山本尚司・一般社団法人フィジオ運動連鎖アプローチ協会、理学療法士

4 足のアーチ-運動学、機能解剖学の知見から
  山﨑 敦・文教学院大学、理学療法士

この特集のほか、新連載は以下のとおり。

「オーストラリアでPhysiotherapistを目指して」三木貴弘・Physiotherapy evidence database
「シナプソロジー」沖本大・シナプソロジー普及会
「子どものからだと心」内山有子・子どものからだと心・連絡会議

そのほかに高松政裕先生のロンドンオリンピックレポートも掲載。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト