FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

立教大学がiTunes Uに参加 講義の無料配信をスタート
――「青年期の自我と恋愛」や「放射線医療物理学」など

 学校法人立教大学は、9月19日(水)より、教育コンテンツ無料配信サービスiTunes Uに参加し、大学に関する動画コンテンツの無料配信を開始します。

 学生や教職員のみならず、卒業生や一般の方々も、PCはもちろんiPadやiPhone、iPodを通じて、立教大学の講義をいつでもどこでも視聴することが可能となります。

iTunes U 立教大学サイト

 今回公開するのは、立教大学で開講されている実際の講義を収録した動画コンテンツです。
「青年期の自我と恋愛」や「放射線医療物理学」など、一般の方々にとっても身近なテーマを題材とした講義を公開します。

 授業コンテンツの公開を通じて、教育内容の透明化と質的向上を図るとともに、広く社会との知の共有を目指します。今後も大学の講義を中心としたコンテンツの拡充を図るとともに、コンスタントに情報の更新を行っていきます。

■iTunes Uの概要
iTunes Uは、iTunes Store(www.apple.com/jp/itunes)内の専用エリアに設けられた、世界最大規模の教育コンテンツ無料配信サービスです。26カ国、1000以上の学校や団体により50万以上のコンテンツが配信されており、日本では現在、東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、中央大学など、計14の教育機関が参加しています。

■公開時配信コンテンツ
タイトル:「青年期の自我と恋愛」 担当:大野久(現代心理学研究科教授) 講義数:15

タイトル:「放射線医療物理学1」 担当:平山孝人(理学部物理学科教授) 講義数:1

【お問い合わせ】
学校法人立教学院 部署名:広報課
担当者:木田
TEL:03-3985-2289
Email:koho@rikkyo.ac.jp
スポンサーサイト