FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■Sport Policy for Japan 2012

Sport Policy for Japanは、大学3年生がスポーツ政策への提言を持ち寄り、意見を交換する学生会議です。
SPJは参加大学の代表者による幹事会が運営を行っています。

初の開催となった昨年の会議には、11大学 19チーム 約100名の学生が参加しました。
第2回目となります今回は、13大学 23チーム 約120名の学生が参加します。

ぜひ、多くの方に学生たちのスポーツ政策についての熱い想いを感じていただきたく、
ご来場の程、お待ちしております。

◆概要
日時:2012年10月20日(土)13:30~17:20
   2012年10月21日(日)10:00~17:00

場所:立教大学 池袋キャンパス
  (JR各線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線
   「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分)

主催:Sport Policy for Japan(スポーツ政策学生会議) 運営事務局

プログラム:
10月20日(土)<1日目>
13:30~14:00 開会式
14:10~17:20 政策提言発表(分科会)

10月21日(日)
10:00~11:50 政策提言発表(分科会)
14:00~15:50 決勝大会

16:20~17:00 基調講演 鈴木寛氏(参議院議員/元文部科学副大臣)
17:15~17:45 表彰式

参加大学:13大学 23チーム 約120名
 桜美林大学、神奈川大学、慶應義塾大学、産業能率大学、順天堂大学、尚美学園大学、
 多摩大学、東海大学、東京成徳大学、日本大学、一橋大学、立教大学、早稲田大学
(五十音順)

◆参加費:無料

◆定員:200名

◆お申込
下記申込フォームからお申込ください。
http://www.ssf.or.jp/spfj/index.html

◆お問合せ
メール:spj@ssf.or.jp
電話:03-5545-3301(笹川スポーツ財団内)
スポンサーサイト