FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■第9回順天堂大学スポーツ健康科部国際シンジウム 開催概要

テーマ: スポーツにおける グローバル人材の育成
Global Human Resource Development in Sport

開催日程:2012年11月10日(土)
会場:順天堂大学大学院(御茶ノ水・センチュリータワー8階講義室)

12:00~受付開始
13:00~13:10 開会の辞
       主催者挨拶 木南英紀 (順天堂大学学長)

13:15~14:00 基調講演
       堀 義人 ((株)グロービス 代表取締役)

14:05~14:35 特別講演I
       Dr.John Wang (シンガポール)
       National Institute of Education, Nanyang Technological University 教授

14:40~15:10 特別講演II
       Dr.Paul De Knop (ベルギー)
       Vrije Universiteit Brussel 総長

15:10~15:40 Coffee Break

15:40~17:10 パネルディスカッション
       <パネラー>
       井村雅代 (ロンド五輪中国シンクロチームヘッドコーチ)
       Dr.Paul De Knop (ベルギー)
       Dr.John Wang (シンガポール)

       <コーディネーター>
       小笠原悦子 (順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科)

17:15~17:30 閉会の辞
       野川春夫 (順天堂大学スポーツ健康科学部学部長)


参加申し込みは下記の website からお願いします。
申込締切:2012年11月5日月)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8013ee58216651

スポンサーサイト