FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■伊藤超短波㈱スポーツセミナー

メディカルサポートの舞台裏
~大躍進したチーム【ニッポン】を陰で支えたトレーナーが語る!~


開催日:平成24年11月25日(日)
時間:12時~16時 受付開始11時30分~
会場:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り403号室
   東京都中央区八丁堀1-9-8 明光商会本社4F

◯主な内容
極限まで肉体・精神を追い込むトップアスリート、彼らは普段一体どのような取り組みをしているのでしょうか?
また、どのようなケアやトレーニングをしているのでしょうか?

今セミナーでは、ロンドンに帯同し、柔道競技・陸上競技・レスリング競技をサポートされたアスレティックトレーナー、またはパーソナルトレーナーとしてご活躍をされている先生方をお招きして、普段めったに聞くことができない舞台裏を語っていただきます。

講師:
畠中卓也(株式会社グローバルスポーツ医学研究所)、長田瑞絵(長田鍼灸治療院 院長)
杉田昌彦(しばやま鍼灸接骨院 院長)、加藤健治(しばやま鍼灸接骨院 )

受講料:3,000円
予約の必要・不要:必要
定員:70名 1施設2名まで 定員になり次第締め切り

◎申し込み先(問い合わせ先)
伊藤超短波株式会社 
TEL:03-3812-1216
FAX:03-3814-4587
m-tokyo@itolator.co.jp
http://www.itolator.co.jp/medical/seminar/index.html#semi120916
スポンサーサイト