FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

 もうすっかり秋も深まり、北国では初雪の便りも聞かれるようになりました。ストーブ焚いたりコタツを準備しているところもあるとか。

 さて、私は先日、マキコのお父さんから長寿梅の盆栽をいただきました。園芸大好きを自称している私ですが盆栽は初めて。興味はあったけどやっと念願の盆栽デビュー。

「形が乱れてきたらいつでも直してあげる」というマキコ父の言葉に励まされたけど、どーなったら「形が崩れた」ということなのか? わかんないからどうするか? と一瞬悩んだけど、まずは花の咲くのを楽しんでみることにしました。

毎日眺めてたら様子が違ったのもわかってくるでしょう(何事も前向きに)。

 そして国体も終わり長距離以外の陸上種目はそろそろシーズン終了。国体は年に1回、見知った顔に出会うって楽しい。普段、連絡取ったりしているわけじゃなく、ここでしか合わなかったりするけど、お互い元気でまた会えたね~という懐かしさで自然と笑顔。

 今シーズン最後に東邦銀行陸上部は日本選手権リレーに参加。4×100mRは単独チーム国内最高記録44秒37(大会新記録)で優勝。4×400mRも優勝。そして、木田選手はこの試合を最後に引退。お疲れさんでした。

 さて、陸上は終了だけどバスケはシーズンが始まったばかり。

Wリーグは今シーズンから1リーグ制(昨年までは1部・2部に分かれてました)。現在のところ昨シーズン上位のチームが勝ち星を重ねております。

JBL(男子リーグ)、bjリーグも含め、週末ごとに全国各地で試合があります。
ぜひぜひ会場でエキサイティングなゲームを楽しんでください。

WJBLサイト
JBLサイト
bjリーグサイト

各試合のチケット購入はこちらから

 写真はマキコ父からいただいた長寿梅と、鍋に入れて食べたいなと思って種まきした春菊の二葉。

2012-10-31 10.29.472012-10-31 10.28.23

津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

スポンサーサイト