FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

2013年夏派遣 日米の草の根交流推進員を募集
東京・名古屋・大阪にて説明会開催!


2013年8月から2年間、アメリカの大学や日米協会を拠点に、折り紙や習字、アニメ・マンガ、学校生活など、日本の幅広い文化を紹介してくださる方を募集しています。説明会では、プログラム概要の説明や体験者の経験談を紹介いたします。日米の架け橋となり日本理解の促進に貢献いただける方のご応募を、是非、お待ちしています。(〆切 2013年1月7日)

■説明会
【大阪】 日時: 2012年11月10日(土) 14:00~16:00
会場: ユーズ・ツウ(U's2)

【名古屋】 日時: 2012年11月11日(日) 14:00~16:00
会場: 名古屋国際センター

【東京】 日時: 2012年11月18日(日) 14:00~16:00
会場: 国際交流基金本部 JFIC

■採用人数:6名程度を予定

■応募資格
 ・日本国籍を持っていること
 ・大学卒業以上
 ・自動車運転免許
 ・活動に必要な英語力
 ・コミュニケーション能力
 ・心身ともに健康であること その他

 ■待遇(平成24年度実績)
 ・規定により往復航空券や滞在費補助などを支給。
 ・生活補助費 月額1,280ドル
 ・車両購入補助費
 ・住居(ホームステイ又は学生寮など)
 ・海外旅行保険補助 など

詳細はウェブサイトをご覧ください。

●説明会のご案内 
●プログラム概要 

国際交流基金日米センターでは、2002年度より米国の非営利団体ロー ラシアン協会と共同で、「JOI(ジョイ)(英名:Japan Outreach Intiative) プログラム」を実施しています。
JOIプログラムとは、米国の草の根レベルで日本への関心と理解を深めることを目的に、地域に根ざした交流を進めるための日米の草の根交流推進員を2年間派遣する事業です。
対象:教師を目指す方、海外でボランティア経験のある方、国際交流に興味のある方、海外でのインターンに興味のある方、海外留学に興味のある方など

【問い合わせ】
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日米センター
TEL:03-5369-6072
スポンサーサイト



信原克哉先生の名著『肩 その機能と臨床』の第4版が医学書院から発売になりました。

表紙の装いも新た。このエネルギーには頭が下がります。(清家輝文)