FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

年末恒例の酉の市。

今年は二の酉までなので行けるチャンスは二回まで。すでに一の酉は行けなかったので二の酉はぜひ行きたい!

私は毎年欠かさず酉の市に出かけます。熊手やだるまを買っているわけではないのですが、すっかり冷え込んで暗くなった道をいそいそと歩いていくとお酉さま帰りの人たちとすれ違う。もうワクワクします。私が子どもの頃(なのでちょっと昔)は、お酉さまに行くとなれば寒くないようにとたっぷり厚着をして行った記憶があるのですが、昨今は温暖化のせいか凍えるほど寒いといのはなくなったように思います。

そして誠に内輪な話ですが、姪っ子の結女(ゆめ)が先日1歳の誕生日を迎えました。産まれたばかりの頃はあんなに頼りなげだったのに、1年の間、あっという間に成長しました。いつの間にか寝返りやらハイハイをし、伝い歩きができるようになり、なにやらおしゃべりをし、「どうぞ」と「ありがとう」を覚え、誰も教えないのに後ろ向きに段差を降りるようになり、食事の時間は「まんま!」と激しく喜び、産まれたときの3倍以上の体重になりました。大人になるとどれくらい成長したかなんてさっぱりわからないまま月日が過ぎていってしまうのに…

またまた話は変わりますが、某大学で理学療法士を目指す学生さんからトレーナーになりたいと相談を受けました。格好からしてサッカー好き!というのがひと目でわかる。「機会があったら紹介できるかも。次に会うまでに名刺作ってきて」。2週間後、「お願いします」と差し出された名刺には「夢:なでしこジャパンメディカルスタッフ」と印刷されていました。応援したくなっちゃうね。

今回はいい写真がないので「おばバカ」で姪っ子の写真を載せちゃいます。
2012-11-12 17.50.59
2012-11-12 20.21.46



津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

スポンサーサイト