FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

1月5日、大阪・千里中央にある千里A&Hホールで、1月塾主催の「脳卒中理学療法のこれからを考える『これでいいのか理学療法士!』というセミナーが開催されました。

まず以下の講演ののち、講師3氏とともに松田淳子先生(京都九条病院)の司会で新春特別討論「これでいいのか理学療法士!」が繰り広げられました。

講演1「原点に帰れ!」吉尾雅春先生(千里リハビリテーション病院)
講演2「体幹機能はこうみるべきだ!」鈴木俊明先生(関西医療大学大学院)
講演3「同世代の大勢の仲間の中で、そしていつの間にか過ぎていく日々に埋没しないPTになろう」大槻利夫先生(上伊那生協病院)

写真は、その時の討論の模様です。左から吉尾、鈴木、大槻、松田の各先生。この詳細については次号148号に掲載の予定です。(清家輝文)
DSC_0445.jpg
スポンサーサイト