FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■第4回日本ダンス医科学研究会

4th Annual Meeting of Japanese Association for
Dance Medicine and Science (JADMS) 
http://www.jadms.org/

開催日時:2013.3.2 (土)13:30~17:30
受付開始13:00
開催場所:お茶の水女子大学共通講義棟2号館201室
参加費:非学生5000円,学生2000円(学生証をご持参ください)

◎プログラム
13:30-13:40 研究会概要とプログラム紹介 
        水村真由美(お茶の水女子大学)
13:40-14:30 教育講演
「ダンサーの内科的トラブルと対処法」勝川史憲(慶応大学)
14:30-15:00  若手による研究紹介コーナー1(口頭発表) 
15:00-16:00  展示&研究紹介コーナー2(ポスター発表)
16:00-17:00 シンポジウム「国外で得たダンス医科学情報」
        平石英一(永寿病院)
        浦辺幸夫(広島大学)
        吉田康行(東京学芸大学)
17:00-17:30 パネルディスカッション
   「日本人ダンサーを巡る環境と課題」
17:45-19:00  情報交換会(大学生協食堂、参加費無料)

<研究会参加希望の場合>
資料作成などの都合により、2013@jadms.orgまでメールにて、お名前、ご所属、ご職業をご連絡ください。
お問い合わせも同アドレスにお願い致します

<若手研究者による研究紹介コーナーでの発表を希望する場合>
メール(info@jadms.org)にて、氏名、年齢、所属、学年、研究タイトル、研究要旨(300字程度)を1月25
日(金)17時までに御連絡下さい。発表資格は以下の通りです。①40歳未満の研究者(いずれかの学会での
研究発表の経験を有する方)②大学院博士前期(修士)課程在籍以上の大学院生(年齢不問、ただし指導教
員との共著でお願いします)詳細は、事務局までのお問い合わせ下さい。芸術系スポーツやダンサーが行な
うコンディショニングに関する研究も歓迎です

<会場アクセス>
地下鉄丸の内線茗荷谷駅下車徒歩8分あるいはJR山手線大塚駅下車南口バス停より「錦糸町駅」行きで「大塚
二丁目駅」下車徒歩30秒 http://www.ocha.ac.jp/access/index.html ご参照下さい
なお当日は南門は閉門していますので正門より入構下さい。入構の際には身分証明書の提示が必要です
スポンサーサイト