FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

次号148号の特集は千里リハビリテーション病院の吉尾雅春先生に取材、セラピストが知っておかなければいけない解剖の知識を約20ページで一挙紹介します。

吉尾先生は約700体の解剖を経験、なんとそのうち新鮮なご遺体が200ということです。理学療法士の目で行ってきた解剖について、長時間解説していただきました。

まだ教科書には記されていないことも多く、治療の基本の基本となる解剖知識にぜひ触れていただきたいと思います。今、鋭意編集中です。カラー写真も豊富に掲載の予定です。(清家輝文)
スポンサーサイト