FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

2013年(第7回)NPO法人日本スポーツ栄養研究会 総会 ・学術集総会
――「世界で戦うためのスポーツ栄養活動」


主 催/NPO法人日本スポーツ栄養研究会

日 程/2013年7月5日(金)、6日(土)、7日(日)

会 場/神奈川県立保健福祉大学(神奈川県横須賀市平成町1-10-1 )
      懇親会: セントラルホテル

【内 容】
7月5日(金) *大会1日目のみ午後より開催
◇会長講演 「国立スポーツ科学センターにおける栄養サポート活動~現在とこれから~」

◇教育講演1 「サプリメントの現状とドーピング防止」

7月6日(土)
◇総会

◇教育講演2 「高地トレーニングの理論と実際」

◇シンポジウム1 「ロンドンオリンピックでの栄養サポート活動」

◇シンポジウム2 競技を知る「フェンシング」

◇地域交流会

◇一般発表

◇モーニングセッション

◇懇親会

7月7日(日)
◇教育講演3 「健康づくりのための身体活動基準・指針~運動基準・指針2006の改定~」

◇シンポジウム3 「スポーツ栄養分野における給食会社の役割」

◇一般発表

◇ランチョンセミナー(予定)

参加方法 /事前参加申込は、研究会ホームページより行って下さい。

申し込み期間/5月26日(日)までです。それ以降は、当日受付となりますので、ご了承ください。

一般演題の演題登録/2・3日目の一般演題の登録は、ホームページ上で行います。
登録期間は4月22日(月)までです。詳しくは、研究会ホームページでご確認下さい。

参加費/事前受付:正会員7,500円、学生会員3,500円、一般10,000、一般学生5,500円
      当日受付:正会員9,000円、学生会員4,000円、一般12,000円、一般学生6,000円
      懇親会費:6,000円

※事前受付は大会ホームページにて行います。2013年5月26日(日)まで。

単位認定(予定) /○財団法人 健康・体力づくり事業財団
            健康運動指導士・健康運動実践指導者 登録更新・・・全日程参加にて単位認定(予定)
          ○社団法人日本栄養士会 生涯学習 ・・・1単位

問い合わせ/第7回大会事務局
国立スポーツ科学センター
〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1
TEL:080-3576-5153
スポンサーサイト