FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


共同通信PRワイヤーより

経験ゼロからプロアスリートへ!
――ボートレーサー募集中


 ボートレースでは、現在、第115期ボートレーサー募集を行っています。

 ボートレーサーは、全国24箇所のボートレース場を舞台に、16歳から70歳代まで、約1,500名(内、女子は約180名)の選手が活躍しており、平均年収は約1,600万円、実力次第で年収1億円以上も獲得することができます。
 また、スポーツ経験がなくても、ボートレーサー養成学校(やまと学校)にて1年間の訓練を受ければプロボートレーサーとしてデビューすることができます。

第115期やまと学校入学への応募資格は、
・年齢:15歳以上30歳未満
・身長:男女とも172cm以下
・体重:男子47kg以上55kg以下、女子42kg以上50kg以下

です。

入学試験合格者は平成25年10月、福岡県柳川市の「やまと学校」へ入学し、1年間の養成訓練を受け、平成26年11月以降、プロのボートレーサーとしてデビュー予定となっています。

<第115期 ボートレーサー養成員募集概要>

【募集期間】

 平成25年2月1日(金)~3月12日(火)

【試験日程・内容】

 第1次試験:平成25年5月19日(日)
 ・学科試験、体力試験

 第2次試験:平成25年6月10日(月)~12日(水)
 ・身長・体重測定、適性試験、体力試験

 第3次試験:平成25年6月13日(木)~14日(金)
 ・人物試験(面接)、身体検査、適性検査

※一般試験志願者の中で、優秀なスポーツ実績を持つ者を対象とした「スポーツ推薦試験制度」があります。

※詳細な募集要項は、ホームページを確認ください。

問い合わせ
BOAT RACE PR事務局(電通PR内) 担当:木村圭助
TEL:03-5565-2763、FAX:03-5565-4467
  
    
スポンサーサイト



下記の研修会、松田先生のお名前に誤字がありましたので、修正しました。2月8日掲載分です。

■第11回東京スポーツ整形外科研修会
日時/平成25年4月27日(土)、15:00~19:30
会場/イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町)
プログラム1 「ラグビーにおける肩関節脱臼」

座長 筒井廣明先生(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)   
      加賀谷善教先生(昭和大学保健医療学部理学療法学科)     
      望月智之先生(東京医科歯科大学) 
      菅谷啓之先生(船橋整形外科)   
      松田孝幸先生(SCP JIN)