FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第48回日本理学療法学術大会

日程/5月24(金)~26日(日)

会場/名古屋国際会議場

会長/鈴木重幸(名古屋大学大学院医学系研究科教授)

テーマ/「グローバル・スタンダード」

内容/大会長基調講演「理学療法のグローバル・スタンダード-ストレッチングの科学的検証-」
    鈴木重行(名古屋大学大学院)
     司会:長澤 弘(次期大会長 神奈川県立保健福祉大学)

大会長企画シンポジウム「疼痛理学療法のグローバル・スタンダード」
シンポジスト:
「疼痛理学療法の教育トピックス」沖田 実(長崎大学大学院)
「疼痛理学療法の診療トピックス」松原貴子(日本福祉大学)
座長:鈴木重行(名古屋大学大学院)

運動器理学療法:
1. 教育講演「理学療法診断学構築の意義」玉利光太郎(吉備国際大学)
司会:高柳清美(埼玉県立大学)

2. 教育講演「クリニカルリーズニング」亀尾 徹(新潟医療福祉大学)
「クリニカルリーズニングの概要について」白尾泰宏(慈愛会 今村病院分院)
「クリニカルリーズニングに基づく理学療法の捉え方」
司会:常盤直孝(川越整形外科)

3. シンポジウム「膝前十字靱帯再建術後のスポーツ復帰を考える」
シンポジスト:浦辺幸夫(広島大学大学院)
寒川美奈(北海道大学大学院)
吉田昌平(京都がくさい病院)
座長:川島敏生(日本鋼管病院)、小林寛和(日本福祉大学)

*その他、学術大会企画および専門領域研究部会の詳細なプログラムは学術大会HP参照

問い合わせ/株式会社コングレ中部支社
名古屋市中区新栄町2-13 栄第一生命ビルディング
TEL:052-950-3369
FAX:052-950-3370
E-mail:jpta48@congre.co.jp

スポンサーサイト