FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

151号の特集は以下の内容になります。今月27日発売です。

特集 ストレッチングの研究と現場
   -ダイナミックとスタティックの用い方

1 ストレッチングの研究を語る-ダイナミックストレッチングとスタティックストレッチングの用い方
 山口太一・酪農学園大学

2 ストレッチング研究の難しさと妥当性
 山本利春・国際武道大学

3 現場からの報告
現場リポート1
多方向からのアプローチでパフォマンスアップを図る
-河本耕平選手のストレッチングの変化

現場リポート2
パフォーマンスチェンジという考え方
-桑井太陽トレーナーのストレッチング考察

全30ページの大特集です。とくに山口先生のページは17ページで先生のこれまでの研究全体をまとめました。

ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト