FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

スポーツ医学専門の新サイトをオープンしました。

題して、MMSSM(Multimedia Station for Sportsmedicine、ムッスムと呼んでください)。

左半分は無料コンテンツ、右半分は有料コンテンツになります。

オープン時は、有料コンテンツは4本ですが、徐々に増やしていきます。

ぜひ、一度ご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト



151号、本日発売です。詳細はこのサイトをご覧ください。特集30ページのうち12ページを公開していますので、ぜひご覧ください。

今月の特集は以下のとおりです。(清家輝文)

特集 ストレッチングの研究と現場 ──ダイナミックとスタティックの用い方

1981年に刊行された『ボブ・アンダーソンのストレッチング』は日本においても世界においても急速な普及をみせ、今やアスリートはもちろん一般人にも広く実践されている。ストレッチング関連書籍も今なお多数が店頭に並んでいる。しかし、ストレッチングの科学的論文が示すところでは、スタティックストレッチングはパフォーマンス向上には有効とは言えない。ではスタティックストレッチングはウォームアップでは行わないほうがよいのか。そうした現場での疑問も含め、この特集では、ストレッチング研究に携わってこられた山口太一先生に長時間取材し、その研究も含め山本利春先生にインタビュー、そしてスポーツ現場での実際について、河本耕平選手と桑井太陽トレーナーに聞いた。

1 ストレッチングの研究を語る──ダイナミックストレッチングとスタティックストレッチングの用い方
山口太一・酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類 准教授

2 ストレッチング研究の難しさと妥当性
山本利春・国際武道大学教授、日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスター

3 現場からの報告──選手、トレーナーの実践例より
■現場リポート1
多方向からのアプローチでパフォーマンスアップを図る──河本耕平選手のストレッチングの変化

■現場リポート2
パフォーマンスチェンジという考え方──桑井太陽トレーナのストレッチ